『気持ちいい~整体』で朝から
すっきりのカラダを手に入れる!!
ひろがり鍼灸整骨院
診察時間
09:00〜13:00××
15:00〜19:00××
JR線「茨木駅」西口出て徒歩5分
P
提携コインパーキングあります!!

甘い物と睡眠の関係

【甘い物と睡眠の関係】

JR茨木駅徒歩5分

姿勢のゆがみを整えて

自律神経を整える

長年の不調専門

ひろがり鍼灸整骨院

いぬいです。

甘いものと睡眠ついて

疲れて仕事から帰って、甘いものが異常に食べたくなることってありませんか?その衝動には、眠りと糖分の関係が影響していることがあります。

糖分を摂り過ぎると、血糖値(血液中の糖の値)のバランスが乱れ、それがホルモンバランスにも影響を与えます。この結果、交感神経(興奮を促す神経)が優位になり、眠りにくさが生じることがあります。

仕事の残業で疲れ果てた日、家にあるお菓子やパンで夕食を済ませることが誘発要因になります。この行動は、睡眠の質を低下させ、負のスパイラルに陥る可能性があります。

しかし、疲れて自炊する気力がないときにも、良い選択肢はあります。納豆、豆腐、買ってきた焼き鳥、バナナなどの食材を摂取することで、睡眠ホルモンの分泌を促進できます。これによって、より質の高い睡眠を得ることができます。

疲労困憊の日々においても、糖分を摂りすぎないように気をつけて、適切な食事選択を行うことで、質の高い眠りを実現しましょう。眠りと食事は密接に関連しており、賢い食事選択が健康的な睡眠へのカギとなることがありますよ~。