眠れないほど辛い肩の痛み【橿原 五十肩】

2019.06.11

眠れないほど辛い肩の痛み【橿原 五十肩】

四十肩、五十肩

 

四十肩・五十肩は医学的な名称ではなく

病院では『いわゆる五十肩』や「肩関節周囲炎」と呼ばれ、

40~50代に多く見られる症状です。

肩関節を取り巻く様々な組織が何らかの問題を生じ、

肩の痛み、運動痛、運動障害や制限などを起こした状態を言います。

いまだに原因がハッキリしていないのも特徴です。

 

ある日突然、肩の痛みを引き起こします。

安静時でも肩関節が痛み、寝返りを打つ際などに激痛があるのが特徴です。

また髪の毛をとかす際や洋服の着脱、つり革に掴まる際など肩を動かす動作でも痛みが生じます。(結帯、結髪動作)

 

これらの痛みが続くと、肩を動かすことに恐怖心が生まれると同時に、

痛みを避ける為に肩を動かさないことが習慣になってきます。

その結果、肩関節の拘縮が起こり、拘縮が進むと更に肩関節の動きの制限が進むという悪循環に繋がります。

 

四十肩・五十肩は、大きく分けると急性期と慢性期、回復期に分けられます。

 

急性期:炎症により、激しい痛みが生じている時期です。

慢性期:痛みは少し和らぐが、可動域制限が出ている時期です。

回復期:痛みもほとんどなくなり、可動域制限もなくなってくる時期です。

 

これら3つの時期によっても、行う施術が変わってきます。

 

こんなお悩みありませんか?

 

□シートベルトを締めるとき、突如激しい痛みが走った

□腕が上がらない

□服を着る時に痛みがある

□髪の毛を洗うときに痛い

□夜中、痛みで目が覚めてしまう

 

四十肩、五十肩の原因

加齢に伴う組織の変性

筋肉(インナーマッスル)の弱化

姿勢不良(ねこ背)

以前、肩周囲を脱臼や骨折をした経験がある

 

当院の四十肩・五十肩への施術

 

四十肩・五十肩は様々な原因がありますので、

まずは痛みの場所、痛みが出る動きをしっかり検査した上で施術の方向性を決めていきます。

 

四十肩・五十肩の施術の目的としては、

 

①関節の可動域アップ

②拘縮箇所の緩和

③肩関節の機能回復

 

です。また前述のとおり3つの時期によっても、できる施術は変わってきます。

 

急性期は、炎症が起きて、痛みも強く出ている為、患部への直接的なアプローチは避けます。痛みを庇って、負担を受けている肩甲骨や骨盤や背骨の歪みを整えることで、肩関節に掛かる負担を軽減していきます。

慢性期は、可動域制限はありますが痛みが少し落ち着き始める時期ですので、この時期にしっかりとケアをしていくことが早期回復に繋がっていきます。

 

具体的には痛みを考慮した上での関節可動域アップ、拘縮部位及び関連部位への筋膜療法、骨盤や背骨など全体のバランス調整、低度のリハビリトレーニングなどを行っていきます。

 

回復期は痛みや可動域制限もほとんどなくなっている状態なので、可動域の完全回復を行う為に、しっかりと関節を動かしていきます。また、関節の安定性を高めるインナーマッスルのトレーニングや可動域制限により、弱ってしまった筋肉への中度のトレーニングを行います。

症状の状態を見極め、早期にケアを行っていくことが症状の回復を早める為にとても重要です。

 

お知らせ一覧へ

---

---

受付時間 / 月・水・木・土 9:00~19:00

〜 お気軽にご連絡ください 〜

橿原市、宇陀市、天理市、香芝市、大和郡山市、など奈良県全域、大阪府、京都府からも御来店いただいています