『気持ちいい~整体』で朝から
すっきりのカラダを手に入れる!!
ひろがり鍼灸整骨院
診察時間
09:00〜13:00××
15:00〜19:00××
JR線「茨木駅」西口出て徒歩5分
P
提携コインパーキングあります!!

お酒と眠りの関係

JR茨木駅徒歩5分

姿勢のゆがみを整えて

自律神経を整える

長年の不調専門

ひろがり鍼灸整骨院

いぬいです。

お酒と眠りについて


「お酒と眠りの関係」

日々の忙しい生活、仕事、そして寝不足に悩んでいる人は多いことでしょう。そして、お酒を飲むことで少しでも眠りを誘うことを考えたことがある人もいるかもしれません。しかし、アルコールと睡眠には複雑な関係があり、その効果は実は思ったほど良くありません。

アルコールと睡眠の複雑な関係

アルコールは寝つきを良くすることがありますが、その後の睡眠に影響を及ぼすことがあります。以下に、アルコールが眠りに与える影響を見てみましょう。

1. アルコールを分解する物質は目覚めを促す

アルコールを摂取すると、アルコールを分解する過程で興奮する物質が生成されます。そのため、夜中に目を覚ます可能性が高まります。

2. トイレに行きたくなる

アルコールは寝ている間も尿を作りたくなるホルモンの分泌を妨げることがあり、夜中にトイレに行きたくなることがあります。

3. 呼吸の問題

アルコールは舌の筋肉を麻痺させ、イビキをかきやすくなります。これにより、酸素の取り込みが難しく、浅い眠りになることがあります。

4. ノンレム睡眠の減少

アルコールの摂取により、深い睡眠状態であるノンレム睡眠が減少することがあります。

5. 依存傾向

少量のアルコールで眠りにつけたとしても、徐々にアルコールの摂取量が増えることがあり、依存傾向を生む可能性があります。

これらの要因は、アルコールを利用して寝る習慣が睡眠の質を悪化させる可能性があることを示唆しています。

賢い睡眠戦略

アルコールを楽しむことは人生の楽しみの1つです。しかし、アルコールを使った寝酒は長期的には賢い選択ではありません。代わりに、ご食事の時間にアルコールを楽しむことを検討してみましょう。これにより、アルコールの消化と代謝が食事と調和し、より質の高い睡眠を実現できるでしょう。健康な睡眠習慣を築くことで、日中のパフォーマンスと健康をサポートしましょう。