オルソーグループについて

グループ概要

グループ名 オルソグループ
設立 平成16年12月24日
法人 オルソグループ:会長 鞆 浩康
9法人

  • 整骨院・鍼灸院部門:株式会社ひろゴン 代表取締役 矢野達人
  • 病院部門:医療法人友広会 理事長 松島勇介  院長・理事 鞆 浩康  理事 栗原鉄志
  • 医療法人京優会:理事長 三木良久
  • 医療法人篤静会:理事長 尾方章人
  • 介護部門:株式会社オルソグループ 代表取締役 清原るり子
  • リラクゼーション部門:株式会社ほぐれて屋 代表取締役 矢野達人
  • 飲食部門:株式会社オルソダイニング 代表取締役 野口典朗
  • サポート部門:株式会社TMコンサルティング 専務取締役 筒井達也
従業員数 約300名
総施設数 30施設

オルソグループとSDGs

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

オルソグループの理念・ビジョン

グループ理念

我々は、休息療法、栄養療法、運動療法、手技療法、地域医療を通じ、自己研鑽を積み、互いに連携する事により、真の健康を追求し続け、皆様が生涯に渡り“笑顔”と“元気”であるよう健康管理を担う『究極の医療グループ』を目指すという理念のもと、SDGsへの取り組みを実施しております。

グループビジョン

オルソグループのビジョンは、ビジョンマップのように、2025年、休息療法・栄養療法・運動療法・手技療法・地域医療を担う施設が一堂に会する村のようになっている、通称「オルソ村」1号村のオープンを実現することです。
2025年:オルソ村1号オープン
2035年:オルソ村がよりエクセレントに
2045年:オルソ村を世界に発信

オルソグループの主な活動

医療への取り組み

・医療法人京優会北摂三木病院の取り組みとして、「外来、入院、在宅のみならず他の医療機関との連携を通じ、北摂地域で最も頼りにされる病院を目指す」という理念の基、医療で困っている地域の方々に様々な形で医療を提供しております。中には身体が不自由な方、生活保護受給者の方もいらっしゃいますが、分け隔てなく平等の医療を提供しております。
また、健康と福祉がテーマになっており、地域のサービス付き高齢者住宅に医師と看護師が赴き、健康相談会を毎月行っており、医療の提供ではない困り事について地域に貢献しております、さらに講演会として、高齢者の方に医療の目線から日常生活の中で気を付ける事や対策について講話しております。

教育への取り組み

・オルソグループでは病院・クリニックでの養成校学生実習の受入(各病院)、地域小中学校へのトレーナー派遣(友広会、TMC)、社会人大学生の支援(友広会)を行っております。

・医療法人京優会北摂三木病院では、月に1回全職員対象の研修会や勉強会を行っております。担当職員自ら資料を作成し、講師になってもらいます。聞くだけの勉強会ではなく、自ら作成する事で知識を深めて、自分も勉強できている形となっております。また、外部より講師を招いて、より専門的に勉強会をすることで質の高い医療を提供できる様に努めております。院内研修に参加できない職員に対しては、後日参加した上長等から研修内容を伝達講習形式で、知識の共有を行っております。

・福井温泉病院では3ヶ月に1回、全職員対象の研修会を実施しています。本来は講師を招いて座学での研修でしたが、コロナ渦ではオンライン研修の開催も実施しています。働き方の多様化に伴い日勤以外の職員もオンラインで同様の教育が受けられる体制を整えています。

採用への取り組み

・性差別・不平等の無い採用活動としてオルソグループでは、外国人留学生(オルソvim・福井温泉病院)、特定技能実習生の受入(竹井医院介護医療院)、視覚障害者(鍼灸師・あんまマッサージ師)の受入、LGBTQの積極的採用(オルソvim)を行っています。

・福井温泉病院では男女雇用機会均等法に沿いトランスジェンダーの採用を行っており、採用実績もございます。募集・採用及び待遇面で性別における差別をなくし、平等な勤務環境を整えています。

環境への取り組み

省エネルギーの取り組み

・オルソグループ全30施設において、再生紙の利用、蛍光灯からLED照明への変更および、エネルギー効率を考慮したエアコンへの交換を順次行い、CO2削減に取り組んでおります。

・谷川記念病院では、壁面緑化・屋上緑化を通じ、建物内に熱がこもるヒートアイランド現象の緩和に貢献する緑化活動を実施しております。壁面緑化・屋上緑化には、暑い夏には室内の温度上昇を軽減し、寒い冬には保温効果があり、冷暖房の稼働を抑制する効果もあります。また、環境面からの対策として、無農薬・殺虫剤不使用で実施可能な品種を選んでいます。

・御宿コトブキではリサイクル対応のアメニティグッズを使用するなどSDGs対応を積極的に行っております。

出資・寄付・支援

一般社団法人ミラクリンへの出資

ミラクリングループは、フィリピンに農場を持ち、「ミラクルフルーツで世界中の子供たちに希望と笑顔を届けたい」という想いで、少しでも多くのストリートチルドレンやスモーキーマウンテンで働く子供たちに教育支援や生活支援を考えています。
オルソグループはその考えに賛同し出資しております。
糖尿病の子供支援加速へ ミラクリンラボ第三者割当増資による資金調達実施|株式会社ミラクリンラボ(ミラクリングループ)のプレスリリース (atpress.ne.jp)

一般社団法人エコロジー・カフェの正会員(株式会社ortho vim)

株式会社ortho vimは、自然と向き合い生態系を守る活動をしている一般社団法人エコロジー・カフェの正会員として活動をサポートしています。
http://ecology-cafe.or.jp/

日本赤十字社への寄付 (医療法人友広会)

災害時の被災者救護や新型コロナウィルスなどの感染症拡大防止への対応、防災・減災の普及啓発やボランティアの育成など、日本赤十字社のいのちを救うさまざまな活動に賛同し寄付を行なっております。

特別養護老人ホームくろしおの里への寄付 (医療法人文誠会)

公益性の高い社会福祉法人に寄付を行うことは地域貢献の一環ととらえ、社会福祉法人協同福祉会 特別養護老人ホームくろしおの里(宮崎県日南市)に毎年寄付をしております。
特別養護老人ホーム くろしおの里|社会福祉法人協同福祉会 (kurosionosato.or.jp)

特定非営利活動法人AIMSの支援 (医療法人友広会)

AIMSは「がんでなくなるパパやママをもつ子どものためにできること」このことをテーマに研究を重ね、実践的なケアとサポートの方策を構築していくことを目標に活動しており、その運営支援を行っております。特定非営利活動法人AIMS (aims-japan.org)

一般社団法人 日南市スポーツクラブ賛助(医療法人文誠会)

総合型地域スポーツクラブの日南市スポーツクラブは、多様性、多世代、高品質、地域、共創とのビジョンと「地域の子供からトップアスリート及びスポーツを楽しみたい社会人まで幅広い志向、ニーズに対して空間と機会を提供し、スポーツを通したコニュニティづくりを目指す」との理念に賛同し賛助しております。

一般社団法人HOMEステーションへの支援

関係性の貧困に陥る恐れのある地域児童への居場所提供事業、児童養護施設出身の若者への自立支援事業を行う「一般社団法人HOMEステーション」(大阪市北区)を支援しています。HOMEステーション (home-station.org)

特定非営利法人Olaboへの出資・支援(グループ全体)

キックボクシングジム3Kの運営サポート

トップアスリート支援として、アスリート自らが運営する施設「キックボクシングジム3K」のサポートを行なっています。男女分け隔てなく地域の皆さんへ技術や運動療法を提供することでアスリートの雇用を生み、練習場所を確保し、貧困をなくし、質の高いトレーニングに没頭できる環境を提供しています。また、このモデルが普及することでアスリート支援を世の中に定着させていくことを目指しています。キックボクシングジム3K|心斎橋にあるキックボクシングジム (kickboxinggym3k.jp)

聴覚障害者バスケットボールチームのサポート

オルソグループでは特定非営利活動法人日本デフバスケットボール協会(JDBA)の理念である、デフであることを尊重し、デフのためのバスケを通じて、多種多様な人々とともに、お互いに歩み寄れる社会をつくるという考えに共感し支援を行っております。デフバスケとは? | 特定非営利活動法人日本デフバスケットボール協会 (jdba.jp)

ドナルド・マクドナルド・ハウスおおさか健都への寄付

移転時の寄付を行ないました(医療法人京優会北摂三木病院)
公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン | おおさか健都ハウス (dmhcj.or.jp)

従業員への福利厚生

オルソグループではディーセント・ワークの実現、ワークライフバランス充実のために健康経営優良法人への申請、福利厚生パッケージの提供を開始しました。福利厚生は、健康面と経済面の両面において社員とその家族の暮らしを安定させ、社員のスキルアップをサポートするためのものです。