『気持ちいい~整体』で朝から
すっきりのカラダを手に入れる!!
ひろがり鍼灸整骨院
診察時間
09:00〜13:00×
15:00〜19:00××
JR線「茨木駅」西口出て徒歩5分
P
提携コインパーキングあります!!

ひざに違和感を感じる。放っておいて大丈夫?

 

 

あなたは、ひざに違和感を感じる時はありませんか?

歩いていてアレ!?

階段を下りていてアレ!?

違和感を感じるときはその時だけなんで

そのまま放っておくという方も多いかと思います。

しかし、

その違和感放っておいても大丈夫でしょうか?

今日はそんなテーマの話です。

 

ひざ関節は何でできているでしょうか?

大きく3つあります。

①骨

②筋肉

③靭帯

他にも、

脂肪や滑液包といったクッションもありますが、

一旦上記の3つで話を進めていきますね。

 

それぞれが自分の働きをして

調和がとれている時は関節はスムーズに動きます。

しかし、日常の生活のクセで偏りが生じると、調和が崩れ始めます。

それが、違和感として感じます。

よく、骨折や脱臼といったケガの後で

違和感を感じる場合がありますが、その軽い状態です。

違和感を放っておくと、

スムーズな動きではない状態で使い続けるので、

摩擦が多くなってクッションがすり減ったり、

靭帯が伸びたり、骨にトゲができたりします。

では、何をしたらいいでしょうか?

 

多くの場合、

①骨や③靭帯は自ら動いたりしないので、

②の筋肉の状態を最優先で考えます。

具体的には

・関節につながる前もも、後ろもも、ふくらはぎ、すねの筋肉のストレッチ

・負担のかからない動作へ修正

この2つを行っていきましょう。

もちろん他にも、関節に水が溜まっている、

関節リウマチ、痛風といった病気の場合もあります。

いずれにしても、違和感が出ている状態は放っておかない方がいいですね。