『気持ちいい~整体』で朝から
すっきりのカラダを手に入れる!!
ひろがり鍼灸整骨院
診察時間
09:00〜13:00×
15:00〜19:00×
JR線「茨木駅」西口出て徒歩5分
P
提携コインパーキングあります!!

腰痛の原因は肝臓だった!?

 

 

本日も腰痛についての知識やアイディをシェアしていこうと思います。

 

今日は
食べ過ぎ・飲み過ぎが
腰痛の原因になるという
テーマでお伝えします。

あなたにも
経験があるかもしれません。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎた翌日は

「腰が痛い」

「腰が重たい」

これは関係がないと思いますか?

「酔って寝方が悪かったかな?」

もちろんあるかもしれませんが、
それ以外にも原因はあります。

なぜそのような症状が
出やすいのか説明していきますね!

痛みの真犯人、
それは『肝臓』です!!

肝臓というのは
解毒に作用する臓器になりますが、

油ものを取ると
胆汁を腸に送り込んだり

お酒を無毒化するのにも
働きます。

食べ過ぎ・飲み過ぎで
肝臓が働き過ぎると、
肝臓も疲労してきます。

24時間働く、
超働き者なので
気づきにくいですが
肝臓は、結構疲れてます。

肝臓も筋肉なので、
疲労してくると
固くなったり、
重くなって来ます。

重くなると、
下に落ちて来るので、

それに伴って
肝臓の周りの
肋骨や横隔膜も
下に落ちて来ます。

そうなると、
右肩が下がるように
体自体に歪みが出て来てしまうので、

腰にハリ感や痛み、
重たい感じが出て来てしまうわけですね。

最悪の場合、
坐骨神経痛までも
出て来てしまう
可能性もあります。

あまり、
肝臓に負荷をかけないように
注意したいですね

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方
慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

こちらでも有益な情報を随時発信してます。
気になる方はコチラをフォローお願いします
https://instagram.com/tsuyoshi_shinkyu

では、本日はこの辺で失礼します。