『気持ちいい~整体』で朝から
すっきりのカラダを手に入れる!!
ひろがり鍼灸整骨院
診察時間
09:00〜13:00×
15:00〜19:00×
JR線「茨木駅」西口出て徒歩5分
P
提携コインパーキングあります!!

【腰痛】なぜ腰は痛むのか?痛みのメカニズムを徹底解説

 

本日も、腰痛でお悩みの方へ、
知識とアイディアをシェアしたいと思います。

 

 

なぜ、痛みを感じてしまうのか?
考えたことあるでしょうか?

 

「筋肉がカタイからだろ?」
「ヘルニアがあるからだろ?」

 

といった回答が多いと思いますが、実際は少し違います。

 

痛みは直接ぶつけた、
捻ったなどの痛みはその部分の痛みなのですが
直接関係ない事があります。

それは血流が悪くなって、
脳が「このまま血液が来ないと危険です」という信号を受けて、
動かしたりして何とか血流を確保したいというサインなんですね。

危険信号なので、
ちょっと姿勢を変えたりして動かすとマシになったりしますよね?

血流不全→痛み
このメカニズムがあります。

もう少し深堀りすると、筋肉は繋がっているということです。

ある筋肉が固くなると、
挟まれた筋肉はひっぱられ、血流が悪くなります。

実際は硬くなった筋肉よりも、
間の筋肉がひっぱられて痛みが出る場合が多いです。

 

腰痛の方はこのパターンが多くて肩やお尻の筋肉が硬くなって、
腰の筋肉が引っ張られることで、
血流が悪くなって痛みが出ているパターンがあります。

 

本日は以上でーす。

 

こちらでも有益な情報を随時発信してます。
気になる方はコチラをフォローお願いします
https://instagram.com/tsuyoshi_shinkyu

 

 

では、本日はこの辺で失礼します。