橿原市で整形外科では腰痛が治らずに困っているあなたへ‼

はじめまして!ひろゴン整体院の院長の乾剛士です。

私は大阪と奈良で活動する整体師です。

あなたはおそらく

整形外科に何度通っても腰痛が

改善しないからこのブログを読んでると思います。

どうしたらいいのかと困っていると思います。

違いますか?

私も、かつて腰痛で苦しみ

整形外科を受診したら

医者から

「骨に異常は無いから大丈夫」と

言われた経験があるのでその気持ちよくわかります。

『イヤ・・・めっちゃ痛いんですけど・・・』

湿布と安静を言われました。

医者で治らないならどうしたらいいのか?

そう思ってとても怖くなりました。

もうこの腰痛は治らないんじゃないか?

そういう不安が襲ってきました。

でも今ならそんな気持ちにはなりません。

なぜなら整形外科で腰痛が治らない

理由がよくわかったからです。

その理由を今日はお伝えします。

これを聞いて、

整形外科で治らない腰痛で

困っているあなたの助けになればと思っています。

では整形外科で腰痛が治らない理由とはなんなのか?

実はその答えはとても簡単で、

単純に

「骨には異常がない」

ただそれだけなんです。

腰痛で整形外科へ行くと

レントゲンを撮ると思います。

そして、医者はレントゲンに写った

「骨」

を見て診断します。

そして、

「骨には異常がありません。

痛み止めと湿布で様子を見ましょう」

というのです。

ほとんどの患者さんと同じように

医者がそういうなら大丈夫だろう

と漠然と思っていたはずです。

しかし様子を見ていてもよくならない。

だから今困っていると思うのですが、

ここにあなたの腰痛が整形外科で治らないポイントがあったのです。

それは、

整形外科医は骨しかみていない

ということです。

つまり、もしあなたの腰痛が

レントゲンに写った骨以外にあったら

整形外科医にはその原因が

判断できないということなんです。

骨に異常がなければ

様子を見てください

としか言えないということです。

これでもうお分かりかと思いますが、

あなたの腰痛は骨に原因がないだけで

他にあるわけです。

でもその骨以外の原因は

整形外科医ではわからないという

現実があるんですね。

それを知らずにいつまでも

痛み止めで痛みをごまかしていると

いつの間にかどうにもならない

慢性的な腰痛となってしまうんです。

じゃあそうなる前に、

整形外科医にはわからない

腰痛の原因はなんなのか知りたくありませんか?

実際に腰痛の内、80%以上は

原因不明と言われています。

もう、ほとんど原因不明です。

ですが、物事には必ず原因はあります。

私の考える腰痛の原因は

私たちは常に重力がかかっています。

日常生活で姿勢が悪くなると

まっすぐに体を支えられないので

筋肉が踏ん張ってバランスを保持します。

すると、頑張りすぎた筋肉が悲鳴を上げて

いつかは、腰痛を発症します。

そこに腰痛の原因があるなら

やることは明確ですね。

骨のゆがみを直し中心軸を作る

元に戻らないための運動をして筋肉を鍛える

定期的にメンテナンスする

あなたも私と一緒に

『痛みのない健康なカラダを手に入れてください』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です