このような方が来院されています【坐骨神経痛】

こんにちは、ひろゴン整体院の乾です。

今回は坐骨神経痛について書きたいと思います。

坐骨神経痛とは名前のとおり坐骨神経による痛みです。

坐骨神経は人間の体の中でも最も太い神経で腰からお尻にかけて走っていて

そこから小さい神経へと枝分かれし、足の先までつながっています。

この坐骨神経がなにかしらの原因により障害されることで、

お尻から脚にかけて痛みやシビレをきたします。

症状の強さも様々で少しの違和感を感じるものから、

強い症状になると立つ、歩くなどの動作も

一人ではできないほどの場合もあります。

症状の出やすいものでは、座ったあと立ち上がる際痛みが出る。

座っているとじわじわしびれてくる

夜寝返りを打つ際に痛みで目が覚める

など、実際に患者様からよく相談を受けます。

坐骨神経痛の症状と類似しているもので

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄賞などもあるため鑑別には注意が必要です。

坐骨神経痛の出やすい方の特徴として長時間のデスクワーク、

長時間の立ち仕事、など、長時間お尻に負担をかけやすい方に

出やすい傾向にあります。

痛みの出る原因としては

坐骨神経が通るお尻の筋肉(梨状筋)の血流が悪くなってしまう事で

筋肉が上手に伸びたり縮んだりすることができなくなってしまう事で

坐骨神経を刺激してしまい症状が出てしまいます。

普段座っている時に同じ足ばかり組んでいませんか?

立っている時に片足にばかり体重をかけていませんか?

こういった日常生活での細かい癖の積み重ねで体が歪んでしまい、

結果的にお尻の筋肉の血流が滞ってしまい坐骨神経痛になっていくのです。

坐骨神経痛を発症してしまい、自分のしたいことを減らしたり、

やめてしまう方も多くいらっしゃいます。

当院は、体の歪みの改善を専門としています。

あなたの坐骨神経痛の原因を特定し痛みのでない、動

ける体へと改善へと導きます。

是非一度ご相談ください。心よりお待ちしております。

 

ひろゴン整骨院かしはら院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です