冬にすると効果的なお灸  

どうもひろゴン整体院かしはら院です(^^)

もう12月ですね
忘年会・新年会シーズン、食べ過ぎ飲み過ぎには気を付けましょう

また、新年迎えたあとやってくるのが花粉症です。
この冬の時期に対策するのが大切になってきます!!

なので今回は、
胃の症状に効くお灸・冬の時期にしておきたい予防お灸について書かせて頂きます!

ぜひ参考にしてください(^^ゞ

胃の症状(食べ過ぎ)に効くお灸

①足三里:スネを足首の方からさすって、指が止まるところから、外側約2センチ。胃酸の促進に効果的。
②胃の気:スネ沿いで外側、凹としたところ。胃の活性化。

食べ過ぎには、必ず気を付けて頂いて、食べ過ぎてしまったときは、お灸をしながらゆっくり休んでください。

 

鼻炎などのアレルギー

①扁桃:喉仏の高さ、外側にある筋肉。

②尺沢:肘の外側。肘を曲げた時にできるシワの外端。肺の症状に効果的。

③太谿:内くるぶしとアキレス腱の間。腎臓に効果的。

花粉症対策は、花粉症になったりなりかけてからでは遅いです。
冬の時期からしっかり手を打って、対策しておきましょう。

春の身体作りは、冬の時期にすることが大切です!!

ご家族でお灸をしながらゆっくりとした時間を過ごすのもいいですね(^o^)
ぜひ一度お灸してみてください!!

 

 

※この記事は効果効用を保障するものではありません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です