食欲不振

  • 食事を目の前にすると食べる気が失せる
  • 食事をすると、気持ち悪くなる
  • 少し食べるだけで、箸が止まってしまう
  • 食べれないことにストレスを感じる
  • 喉のつまりを感じる

 

そもそも、食欲不振とは?

 

食欲不振とは、文字通り「食欲が湧かない」ことを指します。

夏バテがイメージしやすいかと思います。

そもそもお腹が空かないことや。空腹感はあるが、いざ食事を目の前にすると箸が進まない等。中には、食事を摂ると胃の圧迫感や、胸焼け等が起こるため、食事自体を取り辛くなっているケースもあるのではないでしょうか?

 

なぜ食欲不振が起こるのか?

 

それは、自律神経の乱れによる内臓の不調です

 

自律神経は、交感神経と副交感神経という、2つの神経が互いにバランス良く働き合うことで、生理機能を維持してくれています。

 

生理機能とは、呼吸・発汗・血流・血圧・消化・睡眠・免疫等の生きる上で必要な機能です。

 

また、内臓の機能を調整してくれているのも自律神経です。

 

この、自律神経が乱れてしまうと、食欲不振のような、自分の意思とは関係なく症状が出てしまうケースがあります。

臨床の経験上、ストレスを常に感じていたり、強いストレスを受けたり、心身ともに疲労がたまると、自律神経は徐々に乱れていきます。

 

食欲不振は、食べる量が減ったり、胸焼け等の症状として現れますので、症状によるストレスが2次的に起こってしまいます。

 

 

当院でどのような方法で施術するのか?

 

一友堂整体院では、自律神経調整の整体を専門にしています。

独自の検査法を用いて、症状の原因を探し、内臓や頭部への調整を行い、乱れた自律神経のバランスを整えていきます。

 

症状を抑え込むことと、症状の根本を見つめることは大きく違います。

 

あなたが自然治癒力を高め、お体と向き合いたいと感じましたら、ぜひお声をかけてください。あなたのお力に必ずなります。

医師として私が推薦します!

痛みや不調で整体院に行くと、ほとんどの場合は症状が出ている箇所だけを施術します。 痛みの原因がはっきりしている場合は良いのですが、実際は痛みや不調の原因が自律神経の乱れや、脳脊髄液の循環不良から来ていることが非常に多いのです。 内力(自然治癒力)を高めるには、自律神経のバランスと脳脊髄液の循環が鍵を握っています。 ここに着目して施術を行っている整体院は全国でもそれほど多くないでしょう。 もし、あなたが原因不明の症状に悩まされているのであれば、一友堂整体院に相談されてみてはいかがでしょうか?