背部痛

 

  • 肩甲骨の辺りが痛い
  • 常に背中の張り、痛みがある
  • すぐに体を伸ばしたくなる

背部痛とは?

その名の通り、背中の痛みです。背中に痛みがでる原因は様々ですが、背中の筋肉に炎症反応や張りがあり、痛みのサインを出しています。また帯状疱疹など、皮膚の症状としてでる場合もあります。

背部痛原因

歪み、内臓不調、ストレス、皮膚症状が大きな原因

①歪み

自律神経の乱れや体液循環の乱れなど、体の内側から崩れ、身体全体的に歪みが出る場合と、交通事故や骨折・脱臼など、外部からの力で崩れる場合があります。身体の歪みから関節や筋肉が正常な位置・走行になく、負担がかかるために痛みがでます。

②内臓不調

栄養バランスや暴飲暴食など、何かが原因で内臓に負担がかかり、その周辺の筋肉あるいは、不調を起こしている内臓に関連する筋肉が痛みを出しています。内臓不調から筋肉に痛みがでる理由としては、内臓も筋肉で動いています。筋肉と筋肉は膜で繋がっています。内臓の筋肉が炎症を起こし、その筋肉と膜で繋がっている背中の筋肉に影響を与えて痛みが出るのです。

③ストレス

ストレスは人にとって基本的に必要なものですが、ストレスが過剰にかかると身体に影響を与えます。この状態をオーバーストレスと言います。オーバーストレスになると身体が緊張状態になり、筋肉が固まって、その状態が長く続くと、張りや炎症を起こします。現代社会では、オーバーストレスの方が多くおられると言われています。家庭、職場、学校、友人・知人関係など、様々な環境でストレスがかかります。いつどんな時でも、考え事をしている方など、ストレスに対して、リラックスできる時間(回復期)が短い方は、気づかないうちに、ストレスや身体の疲れが溜まって、症状を引き起こします。

④皮膚症状

帯状疱疹や蕁麻疹など、筋肉の症状ではなく、皮膚の症状として背部痛が出る場合があります。原因は自律神経、体液循環、内臓、ストレスと様々ですが、筋肉の症状と違うのは、痒みや出来物など見た目に現れます。症状が長ければ長いほど、痕が残ったり、痛みが取れにくかったりします。できるだけ早い処置をおススメします。

なぜ当院で改善するのか!?

当院は一人一人の患者様のお悩みを理解し、
それぞれの症状に合わせた治療を提供します。

自律神経の調整をメインに行いますが、その他に、内臓調整、体液循環調整、ストレスの調整を行います。また症状に合わせて、手技や物療を使った、歪みや筋肉の調整も行います。

患者様一人一人原因は様々です。なので患者様のお悩みを理解し、しっかりと検査をして、その方にあった治療を提供します。症状がその時だけ良くなることを目的とはせず、その先も患者様が健康で過ごせるようにサポートさせていただきます。

医師として私が推薦します!

痛みや不調で整体院に行くと、ほとんどの場合は症状が出ている箇所だけを施術します。 痛みの原因がはっきりしている場合は良いのですが、実際は痛みや不調の原因が自律神経の乱れや、脳脊髄液の循環不良から来ていることが非常に多いのです。 内力(自然治癒力)を高めるには、自律神経のバランスと脳脊髄液の循環が鍵を握っています。 ここに着目して施術を行っている整体院は全国でもそれほど多くないでしょう。 もし、あなたが原因不明の症状に悩まされているのであれば、ひろゴン整体院かしはら院に相談されてみてはいかがでしょうか?