シンスプリント

  • 一歩一歩走ったり、歩くのが痛い
  • 痛みでうまく身体が動かせない
  • 何もしてなくても、スネの内側が痛い

 

シンスプリントとは

足のスネ内側が痛くなるスポーツ障害で、歩行痛、走行痛、症状が強い時には安静にしていても辛い痛みに悩まされる疾患です。初心者病とも言われ、急に激しい運動を始めた、練習量に体がついて行けてない中・高生に多く発症します。

 

シンスプリント原因

心身の疲労が原因。

まず身体にかかる疲労が蓄積され、身体がその疲労に耐えきれなくなり発症します。筋肉や骨膜に過剰な負荷がかかり続けることにより、炎症反応を起こして痛みを生じます。また、筋肉の張りなどで血管が圧迫され、血液の流れが悪くなる事で、炎症反応がなかなか改善されにくくなります。

そして過度なストレス、オーバーストレスも原因の一つです。ストレスがかかり過ぎると自律神経が乱れ、体液循環不良・内臓不調が起こり、自分の身体を自分で治す力(自然治癒力)が低下します。また、ストレスから筋肉が緊張状態になります。その状態で身体に負担をかけるので、シンスプリントを引き起こします。

 

心と身体、どちらかが耐えきれなくなり、バランスが崩れて発症してしまいます。

 

どのような治療方法を行うか

 身体の疲労を取るために、自律神経調整をメインに行い、体液循環を促進させ、内臓の調整をする事で自然治癒力を高めます。また症状がキツイ方には、筋肉の調整も手技療法や電気治療を使って行います。

症状の原因のほとんどがメンタルで出る事が多いので、ストレスの調整も行います。ストレスの調整を行う事で身体全体のバランスを整え、筋肉の緊張を取る事で炎症反応を抑えます。

 

かしはら院では、患者様がどのような状態・環境で症状が出たのか見極めるために、検査をしっかり行います。検査の結果次第でその人あった治療を提供していきます。

 

医師として私が推薦します!

痛みや不調で整体院に行くと、ほとんどの場合は症状が出ている箇所だけを施術します。 痛みの原因がはっきりしている場合は良いのですが、実際は痛みや不調の原因が自律神経の乱れや、脳脊髄液の循環不良から来ていることが非常に多いのです。 内力(自然治癒力)を高めるには、自律神経のバランスと脳脊髄液の循環が鍵を握っています。 ここに着目して施術を行っている整体院は全国でもそれほど多くないでしょう。 もし、あなたが原因不明の症状に悩まされているのであれば、ひろゴン整体院かしはら院に相談されてみてはいかがでしょうか?