鍼は痛くないの?

こんにちは。オルソ鍼灸整骨院の奥田です。

 

よく「鍼は痛くないの?」「痛いんでしょ」「感染とか心配」という質問を受けます。初めての方はどんな事をされるのか、どんな刺激が来るのか不安ですよね。僕も心配性なので、病院などでいきなり何かされそうなときは不安になります。そこで今回は当院の鍼について書いていこうと思います。もし興味があればここから先にお進みください。

 

まず当院で扱う針は使い捨てです。毎回施術の前にパックからパカっと中身を出して用意します。お体に刺すときは痛みを極力出さないように、鍼管(しんかん)と呼ばれる筒を立てて、鍼の頭をトントンと2~3回たたきます。切皮といいます。この切皮が終わるとお身体の中に入れていきます。

 

この切皮の時にチクッとする痛みを切皮痛と呼びます。皮膚には多くの感覚が密集しているのでこの痛みはある程度我慢が必要かも知れません。

 

そして、切皮が終わると筋肉に向かって鍼を進めていきます。このときに「ズ-ン」と響く感覚があるときがあります。これを「得気」といい鍼独特の感覚ですね。これには多少好き嫌いがあります。

 

「思ったより痛くなかった」という声を良く聞きますのでこちらを読んでいただければ想像されているよりも安心してお受けできるのではないかと思います。少しでも鍼の事をわかった頂き、受けてみようかなと思っていただいた方が少しでも増えて頂ければ幸いですほっとした顔

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です