寝違えに鍼治療

寝違えに鍼治療

 

朝起きると首が痛くて全く動かせない…

 

寝違えイメージ このような経験は誰でも1度や2度はあるでしょう。 いわゆる「寝違え」ですが、その原因は睡眠時の不自然な姿勢や冷えにより、過度に緊張した首から肩にかけての筋肉・筋肉をおおう膜(筋膜)・靭帯が何かの拍子で損傷したためと考えられます。

 

当院には重症の肩こり、寝違いの方が多く来院されております。どこにどんな凝り、緊張があるのかをしっかり把握して、個々の肩こりに合わせた施術を行なっております。常に肩に緊張がある、こっている感じがする方は、詳しく話を聞いてみると睡眠不足があったり、食事が不規則だったりと生活習慣も悪いように感じます。

 

肩こりに関連する病気や症状

 

  • 首こり
  • 頚椎症 頚椎ヘルニア
  • 頭痛 偏頭痛
  • 五十肩 肘の痛み
  • うつ病 自律神経失調症
  • 猫背 円背
  • 眼精疲労 飛蚊症
  • むち打ち症
  • 内臓疾患など

 

 

寝違い(寝違え)の原因と鍼灸治療法

 

 

普段の肩こりや首こり、疲労物質の蓄積の多い状態に加え就寝時の姿勢などで部分的に血流障害が起こり、起床時の朝には筋組織の酸欠状態が最大になってしまい、寝違え(筋肉の硬直による痛み)が発生するパターンが多いようです。その他には、同じく肩首の凝りや緊張が強い状態で、無理な姿勢や振り向き動作、筋力トレーニングなど力み動作で突然起こることがあります。

 

治療回数の目安

たいてい3回までの治療で改善しておりますが、もともと頚椎の異常や強い肩こりある場合など個人差により5回程度か稀にそれ以上かかることがあります。

どんな重症でも必ず好転していますので寝違いでお困りでしたらぜひお任せください。

 

 

 

寝違えの対処法

寝違えの治療は、第一に頸椎の安静を基本とし、なるべく首を回す動作を避けるようにしなければいけません。次に薬物療法として消炎鎮痛薬や筋弛緩薬が処方されます。また冷湿布などによるアイシングで患部の炎症を抑える治療も行っていきます。治療開始から5日~7日程度で回復すると言われています。

寝違えた直後に患部を揉んだり強くストレッチをしてしまうと逆に炎症を広げてしまい、本来数日で治るものが1~2週間以上も痛みが残る場合があります。くれぐれもお気をつけください。

 

寝違いを何度も繰り返す場合は、頚椎に異常がある可能性もあります。一度、専門医に診てもらうことをお勧めします。

 

寝違えを和らげるつぼ

 

ここでは自分で手軽に使用できる、寝違えた場合の頚の痛みを和らげるツボを紹介します。このツボは患部から離れたところにあるため、自分でも安全に刺激することができます。寝違えのつぼ

 

「落枕(らくちん)」

 

落枕とは、ずばり寝違いのことを意味します。このツボは、手の甲の人差し指と中指の付け根にあります。頚の痛みのある側のツボを、反対側の手の親指で2~3分強めに押してください。押してる間少し痛みがマシになったら少しずつ痛くない範囲で動かしてみてください。くれぐれもやりすぎは禁物ですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたほっとした顔

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です