新着情報

2017.02.03

◆ノロウイルスにご注意ください

◆ノロウイルスにご注意ください

 ノロウイルスを含む感染症胃腸炎は、今シーズンのピークよりは、減少し
ていますが、変異株の検出も報告されていることから、今後も引き続き注意
が必要です。ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒト
の腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。
 子どもや高齢者は重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせる場合が
あります。
 治療薬はなく、治療は輸液などの対症療法に限られます。特に、乳幼児や
高齢者は脱水になりやすいので、水分摂取をし、医療機関を受診しましょう。
 ノロウイルスの予防とまん延防止のためには、国民一人一人の適切な対応
が重要です。
 食事の前やトイレの後などには、手を洗い、ノロウイルスの感染を予防し
ましょう。特に感染した人のふん便や吐ぶつを処理する場合は、マスクや手
袋を着用し飛び散らないよう適切に処理し、処理した後にも必ず手を洗いま
しょう。

【感染症エクスプレス@厚労省】