『気持ちいい~整体』で朝から
すっきりのカラダを手に入れる!!
ひろがり鍼灸整骨院
診察時間
09:00〜13:00×
15:00〜19:00××
JR線「茨木駅」西口出て徒歩5分
P
提携コインパーキングあります!!

水太りの真相

暑い日が続くと気をつけておきたいのが「脱水」

しかし、「水太りするから」といって

水分を取られない方を見かけます。

 

みなさん「水太り」という言葉

一度は聞いたことがあるかと思いますが

水太りのメカニズムを聞くと

また、考えが変わるかも知れませんね。

 

本日は「水太り」についてお話します。

少しの時間お付き合いください。

 

 

「水太り」は結論から言うと

「むくみ」と同じです。

 

人間の身体は約60%が水分でできています。

そして、人間にはその水分量を保つ機能が備わっており、

本来、水分を身体に入れることで細胞は古い水分と

新しい水分を交換して、常に身体を綺麗に保ちます。

しかし、水分をとらなくなると

細胞は古い水分を留めておかなくてはなりません。

 

脱水状態が続くと細胞の中の水分がスムーズに

排出されなくなり、細胞自体が膨張して

むくみと同じように見た目が太って見えるのです。

 

また、細胞の働きが悪くなり新陳代謝が低下します。

それによりエネルギー消費量も落ちるため

太りやすい身体になるほか、

肌や髪のトラブル、

血液がドロドロになるなど

多大な影響を及ぼします。

 

しかし、喉が渇いたからといって

一度に大量に水分を摂取することも

あまりオススメできません。

水分の代謝に関与する内臓への

負担が大きくなるからです。

 

 

では、適した摂取量とはどれくらいなのか?

 

体重60 kgの成人男性の場合、

1日に水分を約2.5ℓ

尿や便、呼吸などを通して排出しています。

 

それとは逆に一日で

普段の食事で1ℓ弱、

体内で0.2ℓほど産生されているため

積極的に水分を摂取する量は一日で約1.5ℓとなります。

 

しかし、年齢、運動量、食事内容など

みなさん異なりますのでこれはあくまで

目安になります。

 

一度にコップ1杯程度を

こまめに摂ることで身体は

効率良く水分を吸収してくれます。

 

 

 

冬に近づくにつれて気温も下がり

汗をかく量が減りますが

目に見えないところで水分は

失われている為

身体は新たな水分を必要としています。

温かい飲み物をこまめに摂って

冬の脱水にもご注意ください。

 

 

健康に過ごすために水分の補給はお忘れなく。

水分を上手に摂ることで細胞は若返り

アンチエイジングや新陳代謝の亢進が

期待できるのでダイエットや便秘、

美容に気をつけておられる方は

意識して水分補給してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

いつも最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

少しの意識の変化で末長いみなさんの

健康に繋がりましたら幸いです。

 

 

では、また次の機会を

お楽しみに♪