栄養科 中秋の名月

本日10月4日は中秋の名月です。中秋の名月の日は毎年異なるようで、来年は9月になるとか。あと満月とは限らないらしいです、意外。秋の収穫や先祖とのつながりに感謝をして月に祈る日とされています。最近ではご先祖様のことを考えることが少なくなってしまったように感じますが、過去から命を脈々とつないできたご先祖様に、時には感謝するのも良いのでないでしょうか☆

【本日のメニュー】月見ハンバーグ

中秋の名月 月見ハンバーグ

 

特定健診 受けていますか?

特定健診1特定健診 ドラクエ

生活習慣病予防の観点からメタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導が開始されたのが2008年。受診率は徐々に増加しているもののいまだ全体で50%に満たない状況です。また、受診した方の26%がメタボリックシンドローム、またはその予備軍と判定されています。

生活習慣病はまず早期発見・早期治療が重要です。年に1度は検査を受け、自分の健康状態を把握することが健康への第一歩です。

とは言っても時間がない、休みに病院なんか行きたくない、という方々のために、当院では「30分健診」をキャッチフレーズに特定健診を勧めています。「検査は面倒、時間がかかる」というイメージを払拭すべく、できる限り30分で検査を終了できるように努めております。詳細につきましてはお問い合わせください。

TEL 06-6388-6666

栄養科 土用の丑

本日は土用の丑。うなぎです。

この暑い時期にうなぎを食べるとなんだか元気になれそうな気がする!でも実際のところ、うなぎの旬は秋から冬。今の時期のウナギは旬とは言えず、夏の暑さでうなぎもバテているのではないでしょうか。でもこれは天然うなぎのお話。ほとんどのうなぎは養殖です。養殖のうなぎは水温や栄養管理もしっかりと行われていますので、あまり季節を気にしなくてもよさそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由はいつものように諸説ありますが、有名な話は江戸時代に「平賀源内」という発明家がうなぎ屋に頼まれて考えた、というものがあります。それが大ヒットしたのでほかのうなぎ屋に広がったというもの。平賀源内はカリスマプロデューサーだったんですね。古くは万葉集にもうなぎを食べる話が出てくるようで、昔から栄養価が高い食品として重宝されていたのではないでしょうか。

<本日のメニュー>

〇ひつまぶし

〇レンコンの炒め煮

〇和え物

2017 土用の丑 (2)

栄養科 七夕

本日7月7日は七夕です。

「七夕」を「たなばた」と読む理由(語源)はいろいろとあるようで、織姫と彦星のお話に関することや、豊作を願う祭で「種播まつり(たなばたまつり)」との混同など。巡り巡って現在の「七夕(たなばた)」に落ち着いたというところでしょうか。

当院では毎年七夕はそうめんを提供しています。

そうめんを天の川に見立てて涼し気に冷たいそうめんを食べる、ということ(だと思う)です。蒸し暑い時期ですので、つるっと食べられるそうめんは重宝しますし、昼は簡単にそうめんをと考えがちですが意外とそうめんはカロリーが高いですし野菜が摂りにくい。野菜たっぷりサラダそうめんなどアレンジして、野菜も摂りつつ、麺の食べすぎに注意しましょう。

<本日のメニュー>

〇七夕そうめん

〇茄子の炒め煮

〇フルーツヨーグルト

七夕 (1) 七夕 (2) 七夕 (3)

外来 ウロバッグカバーってご存知ですか?

突然ですが、皆さんは「ウロバッグ」というものをご存知でしょうか?

ウロバッグとは簡単に言うと、尿を溜めておく手提げかばんのようなものです。何かしらの疾患や麻酔をした後など、尿が出にくく管を通す必要がある方が付けるもので、管を通って尿がバッグ内に溜まる仕組みになっています。

ウロバッグ←これがウロバッグです

外から見ても尿がどれぐらい出ているか、色や性状に変化はないかなどを確認するために透明なつくりになっていることが多く、逆に言えば外からも丸見えで、付けている方にとって周りからの目が気になるものです。

そこで!このウロバッグにカバーを取り付けて、周りから見えにくいように配慮したものがタイトルにある「ウロバッグカバー」なのです。NHKの「バリバラ」という番組で紹介されていたものです。

ウロバッグカバー全体

←これがウロバッグカバーです。見た目にはかわいらしい手提げ袋や買い物袋に見えます。肩からかけたり、手に持って使ったりできます。

当院の外来待合いに展示しています。

 

 

 

 

ウロバッグをしていると、どうしても周囲の目が気になってしまい、外出を控えてしまう方もいらっしゃいますが、ウロバッグカバーで少しでも気持ちを変えることができれば素敵だなと思います。

ウロバッグカバーっていうそのままの名前じゃなくても、何かいい呼び名があってもいいのでは。何かないかな?

栄養科 ひなまつり

本日3月3日はひなまつりです。別名「桃の節句・上巳(じょうし)の節句」です。

女の子の健やかな成長を願い、女の子がいるご家庭ではひな人形を飾ったり、ごちそうが出たりすることもあるのではないでしょうか。

地域ごとに様々な風習があるようで、そもそも3月ではなく4月に行うところも。元々は自身のけがれを紙の人形に移して川に流した「流し雛」という行事から派生したと言われるひな祭り。自身の健康や子供の成長を願うのはいつの時代も変わらないようです。

☆本日のメニュー☆

ちらし寿司

炊き合わせ(がんもどき・たけのこ・ふき・にんじん・しいたけ)

三色ゼリー

2017 ひな祭り

彩りある春らしいメニューでした。

栄養科 節分

本日は2月3日で節分です。

今年の恵方は北北西だそうです。この病院からだと万博公園の方向でしょうか。

節分は読んで字のごとく、季節を分ける日です。つまり、今日までが冬、明日からは春ということになります。いわゆる「暦の上では」というやつなので、まだまだこれからが寒さの本番といったところでしょうか。インフルエンザも流行中です。手洗い、うがい、栄養補給で乗り切りましょう。

本日のメニューはこちら

☆巻きずし(卵巻きずし)・いなりずし

☆炊き合わせ(イワシのつみれ・かぼちゃ・にんじん)

☆すまし汁

☆卵ボーロ(豆に見立ててます)

2017 節分 (2)

 

栄養科 鏡開き

本日11日は鏡餅をぜんざいなどでいただく日、鏡開きです。

餅は昔から神様への供物として神聖な食べ物だったようです。そして鏡は三種の神器にもあるようにこれまた神聖なもの。めでたい餅でめでたい鏡をかたどり、神様にお供えする、さらにめでたい装飾を施して、豊作や子孫繁栄を願う、鏡餅はめでたさに溢れていますね。(日本鏡餅組合様のホームページを参考にしました)

当院では、おしるこで出しました。もちは喉詰めるといけないので、小さな白玉に変えています。「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは、いわゆる諸説ありってやつみたいですね。ぜんざいは漢字で善哉。「めっちゃいいもの」という意味だそうです。

つぶあん、こしあんは好みが分かれるところですね、僕は昔はこしあん派、今はどちらでも派。つぶあんは小豆の皮が歯にはさまりますので、デートではこしあんを選んどくほうが無難かも。

2017%e3%80%80%e3%81%9c%e3%82%93%e3%81%96%e3%81%84

栄養科 七草粥

平海病院栄養科です。
1月7日は七草粥でした。皆様は七草粥、食べましたでしょうか?
年末年始で暴飲暴食した内臓に優しい味がしみ込むという感じで、内臓を年末年始モードから通常モードへの切り替えといった感じでしょうか。
当院でも7日に七草粥を提供しました。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5-%e3%81%8a%e7%b2%a5%e3%81%a0%e3%81%91

みなさんさらさらっと食べられてよかったとおっしゃっていました。

一緒にこんなカードも配りました。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

七草をすべて言えますか?すずな、すずしろ、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざですね。・・・・ほとけのざ?毎年思うのは「ほとけのざ」が僕の知ってる「ほとけのざ」ではないってことです。カードに載っているほとけのざも、むしろタンポポでしょ、これ。

調べると七草の「ほとけのざ」は本当の名を「小鬼田平子(コオニタビラコ)」というそうです。本名、ものすごいインパクトですね。絶対こっちの方がキャラ立ちしてよさそうなのに。ただ、七草を順番にいう場合は少し困りもので、すずな、すずしろ、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、小鬼田平子!全部持っていかれちゃいますね。

なぜ彼がほとけのざと呼ばれるようになったのかは定かではありませんが、いろいろあるんでしょうね、おそらく。日本人は語呂を大切にしますので、小鬼田平子では不採用ですかね。そんなことをぼんやりと思う春の七草でした。

栄養科 平海病院クリスマスメニュー☆

こんにちは、平海病院栄養科です。
先週末はクリスマスでした、皆さんはどのように過ごされたでしょうか?
平海病院では24日にクリスマスメニューが出ました。2016%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc-3

☆メニュー☆

鶏のから揚げ・星型コロッケ・マカロニサラダ・ホワイトムース

これはその日の検食(患者様に出す前に管理栄養士が味や硬さ、色合いの確認を行うための食事)のものです。患者様にはクリスマスカードを付けて提供しました。改めて見ると、少しクリスマス感が足りない?スープが付いたらより華やかになるか・・・いや、でも塩分が・・・。悩みどころですね。個人的には少しさっぱり感が足りなかったかなと。ムースじゃなくてゼリーやフルーツに変えたり、マカロニサラダを葉物野菜のドレッシング和えに変えたり。そうすることで脂質や糖質をカットできますね。来年はご飯をチキンライスにして彩りアップもいいかと思います。

味付けもしっかりしていたので普段少し味が物足りないとおっしゃる患者様も味付けには満足されたようでした。来年はより華やかにクリスマス感アップを目指します。