栄養科 鏡開き

本日11日は鏡餅をぜんざいなどでいただく日、鏡開きです。

餅は昔から神様への供物として神聖な食べ物だったようです。そして鏡は三種の神器にもあるようにこれまた神聖なもの。めでたい餅でめでたい鏡をかたどり、神様にお供えする、さらにめでたい装飾を施して、豊作や子孫繁栄を願う、鏡餅はめでたさに溢れていますね。(日本鏡餅組合様のホームページを参考にしました)

当院では、おしるこで出しました。もちは喉詰めるといけないので、小さな白玉に変えています。「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは、いわゆる諸説ありってやつみたいですね。ぜんざいは漢字で善哉。「めっちゃいいもの」という意味だそうです。

つぶあん、こしあんは好みが分かれるところですね、僕は昔はこしあん派、今はどちらでも派。つぶあんは小豆の皮が歯にはさまりますので、デートではこしあんを選んどくほうが無難かも。

2017%e3%80%80%e3%81%9c%e3%82%93%e3%81%96%e3%81%84

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です