栄養科 土用の丑

本日は土用の丑。うなぎです。

この暑い時期にうなぎを食べるとなんだか元気になれそうな気がする!でも実際のところ、うなぎの旬は秋から冬。今の時期のウナギは旬とは言えず、夏の暑さでうなぎもバテているのではないでしょうか。でもこれは天然うなぎのお話。ほとんどのうなぎは養殖です。養殖のうなぎは水温や栄養管理もしっかりと行われていますので、あまり季節を気にしなくてもよさそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由はいつものように諸説ありますが、有名な話は江戸時代に「平賀源内」という発明家がうなぎ屋に頼まれて考えた、というものがあります。それが大ヒットしたのでほかのうなぎ屋に広がったというもの。平賀源内はカリスマプロデューサーだったんですね。古くは万葉集にもうなぎを食べる話が出てくるようで、昔から栄養価が高い食品として重宝されていたのではないでしょうか。

<本日のメニュー>

〇ひつまぶし

〇レンコンの炒め煮

〇和え物

2017 土用の丑 (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です