栄養科 七草粥

平海病院栄養科です。
1月7日は七草粥でした。皆様は七草粥、食べましたでしょうか?
年末年始で暴飲暴食した内臓に優しい味がしみ込むという感じで、内臓を年末年始モードから通常モードへの切り替えといった感じでしょうか。
当院でも7日に七草粥を提供しました。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5-%e3%81%8a%e7%b2%a5%e3%81%a0%e3%81%91

みなさんさらさらっと食べられてよかったとおっしゃっていました。

一緒にこんなカードも配りました。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

七草をすべて言えますか?すずな、すずしろ、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざですね。・・・・ほとけのざ?毎年思うのは「ほとけのざ」が僕の知ってる「ほとけのざ」ではないってことです。カードに載っているほとけのざも、むしろタンポポでしょ、これ。

調べると七草の「ほとけのざ」は本当の名を「小鬼田平子(コオニタビラコ)」というそうです。本名、ものすごいインパクトですね。絶対こっちの方がキャラ立ちしてよさそうなのに。ただ、七草を順番にいう場合は少し困りもので、すずな、すずしろ、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、小鬼田平子!全部持っていかれちゃいますね。

なぜ彼がほとけのざと呼ばれるようになったのかは定かではありませんが、いろいろあるんでしょうね、おそらく。日本人は語呂を大切にしますので、小鬼田平子では不採用ですかね。そんなことをぼんやりと思う春の七草でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です