外来 ウロバッグカバーってご存知ですか?

突然ですが、皆さんは「ウロバッグ」というものをご存知でしょうか?

ウロバッグとは簡単に言うと、尿を溜めておく手提げかばんのようなものです。何かしらの疾患や麻酔をした後など、尿が出にくく管を通す必要がある方が付けるもので、管を通って尿がバッグ内に溜まる仕組みになっています。

ウロバッグ←これがウロバッグです

外から見ても尿がどれぐらい出ているか、色や性状に変化はないかなどを確認するために透明なつくりになっていることが多く、逆に言えば外からも丸見えで、付けている方にとって周りからの目が気になるものです。

そこで!このウロバッグにカバーを取り付けて、周りから見えにくいように配慮したものがタイトルにある「ウロバッグカバー」なのです。NHKの「バリバラ」という番組で紹介されていたものです。

ウロバッグカバー全体

←これがウロバッグカバーです。見た目にはかわいらしい手提げ袋や買い物袋に見えます。肩からかけたり、手に持って使ったりできます。

当院の外来待合いに展示しています。

 

 

 

 

ウロバッグをしていると、どうしても周囲の目が気になってしまい、外出を控えてしまう方もいらっしゃいますが、ウロバッグカバーで少しでも気持ちを変えることができれば素敵だなと思います。

ウロバッグカバーっていうそのままの名前じゃなくても、何かいい呼び名があってもいいのでは。何かないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です