膀胱はどんな働きがあるのか?

 

 

こんにちは

ひろゴン整骨院天理インター院です。

 

本日のテーマは「膀胱はどんな働きがあるか?」です。

 

今回は、膀胱はどんな働きがあるかをわかりやすくご紹介させていただきます。

 

まず、膀胱はどこにあるの?

膀胱

膀胱は、下腹部の中央に位置し、左右の腎臓から尿官でつながっています。

膀胱の下には尿道があり、上には子宮があります。

 

 

膀胱はどんな働きがありますか?

膀胱は身体で作られた尿の容器として働きます。

膀胱がある事によって、腎臓でろ過された余分なものを体外へ出せるのです。

 

どれぐらい膀胱は容量があるのでしょうか?

個人差はありますが、最大で600ml溜める事が出来ます。

人間は約200ml溜まると尿意を感じます。

 

 

膀胱に不調が出るとどんな症状が出るの?

下記のような症状が出るとあなたの膀胱に何か不調があるかもしれません。

・頻尿

・排尿時痛

・血尿

・残尿感

・尿もれ

・失禁

・下腹部の痛みや違和感

 

女性に多い膀胱の病気は?

膀胱炎です。

膀胱炎は女性に非常に多いです。

女性は男性に比べて、尿道が短いのが要因と言われています。

原因としては、尿道に細菌やウィルスが侵入して起こる事が多いんです。

 

膀胱を健康に保つための食べ物・飲み物とは?

パイナップル

パイナップル

パイナップルに多く含まれる「ブロメライン」という酵素が免疫細胞を活性化させますので膀胱内の細菌やウィルスの増殖を防いでくれますね。

 

 

水

水分をしっかり摂取する事により、膀胱内の細菌やウィルスを体外へ排出してくれます。目安は2リットル/日です。

 

 

以上が

「膀胱はどんな働きがあるの?」でした。

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

もし、膀胱に関してお悩みがありましたら、気軽にお電話下さいませ。

 

TEL 0743-65-3733

奈良県天理市石上町594-1-101

ひろゴン整骨院天理インター院

診療時間 8:30~12:30  16:00~21:00

休診日 日曜・祝日・第4水曜日

 

なぜ、冷え性になるのか?

こんにちは!!

ひろゴン整骨院天理インター院の長澤です。

今回のテーマは「なぜ冷え性になるのか?」です。

asisoko02

 

まず、日本人全体の何%の人が冷え性でしょうか?

 

30%?

50%?

色々、調べた結果、、、なんと

 

70%!!

100人中70人が冷え性なんです!!

多くないですか?

 

 

では、本題になりますが、なぜ冷え性になるのでしょうか?

 

正解は?

自律神経の乱れです。

自律神経は体をシャキッとさせる交感神経と体をリラックスさせる副交感神経の事をまとめて自律神経と言います。

この自律神経が乱れると、内臓がリラックスする時間が少なくなり、ほとんど緊張状態になってしまうんです。

そもそも、内臓はリラックスしている時にしっかり働いてくれています。

内臓のおかげで、全身にしっかり栄養や水分、血などを送ってくれています。

 

しかし、緊張状態が続くと、内臓がシーンっとして動いてくれません。

内臓が動かないと、全身に栄養や水分、血などが送れないのです。

 

そうすると、手足などの末梢にしっかりとした血や水分が流れないので

手足が冷えるといった症状が出現します。

 

では、冷え性になった場合の対処法は?

 

冷え性の原因は自律神経の乱れになります。

今回は、自律神経を整えるセルフケアを

ご紹介させていただきます。

 

やることは、すごく簡単!!

背伸びです!!

IMG_4105 2

「背伸び」

背伸びをすることによって、姿勢のリセットができます。

姿勢を正すことも自律神経の調整には非常に効果的です。

 

ですので、朝起きた時や仕事の途中、ご飯を食べ終わった後などにオススメですね(´∀`)

以上

「なぜ、冷え性になるのか?」でした!!

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

もし、わからないことがありましたら、

気軽に当院までお電話くださいませ( ◠‿◠ )

 

TEL 0743-65-3733

奈良県天理市石上町594-1-101

ひろゴン整骨院天理インター院

 

診療時間 8:30〜12:30 16:00〜21:00

休診日 日曜日・祝日・第4水曜日

腎気の衰えは元気の衰え

 

こんにちは晴れ

ひろゴン整骨院 天理インター院の神田ですわーい (嬉しい顔)

 

皆さん『元気ですかーーーーー!!!!』

 

元気があれば何でもできると、アントニオ猪木さんの名言ですが、

東洋医学では、まんざらではないように感じます。

 

元気は『原気』ともいわれ、生命活動の原動力になります。

 

気には他に、

・臓腑を栄養したり、身体の水分を「血」にかえる『営気』

・心や肺の活動を支える『宗気』

・免疫や皮膚の体温等を司る『衛気』

があり、これらは全て「後天の精」と呼ばれ飲食物からの精気と、各々の材料から作られます。

 

その中で、原気は『先天の精』というものから作られます。

先天の精とは、両親から分け与えられるもので、生まれた時から、減り続けていくものです。

後天の精は、飲食物で補充することが出来ますが、先天の精はそうはいきません。

 

その為、原気は先天の精が減ると弱くなってきます。

原気は「生命活動の原動力」と言われるように活力にも繋がります。

「元気があればなんでもできる」とはこのことかもしれませんね笑

 

そして、この先天の精は『腎』に宿ると言われています。

だからこそ『腎』を大事にする必要があります。

腎気が弱ると原気も衰え

臓腑も弱くなり

活力も無くなり

疲れやすくなり

冷えて

免疫が下がる

なんてことになりますからね。ふらふら

 

 

前置きが長くなりましたが、

では、どうやって腎を養えばいいのか。

まず水分を充分に摂りましょう!!

一日の理想は2リットルともそれ以上とも言われています。

この量をとれていない人は、まず水分の摂取量を増やすことから始めましょう!

 

そして食べ物からのアプローチもあります。

一言であらわすと「黒い食べ物」です。

ゴボウやひじき、黒ゴマなどなど…

他には、

山芋、胡桃、松の実、羊肉、エビも腎の養生に有効です!

 

水分を摂ることと、食べ物での養生をしっかりして腎を元気に保ちましょう!

 

この時期からはやってくるインフルエンザの記事はコチラ↓

インフルエンザは油断大敵!

食欲不振は「脾」の用心?!

 

こんにちは晴れ

ひろゴン整骨院 天理インター院の神田ですわーい (嬉しい顔)

 

前回のインフルエンザのブログの続きになります。↓

インフルエンザは油断大敵!

 

インフルエンザだけでなく、風邪など体調不良全てに言えることですが、

予防したり早く治すためには、充分な栄養補給が欠かせません。

 

しかし、「脾」が弱ってしまうと食欲が減退し、充分な栄養を摂ることが困難になります。

 

それを防ぐ為にもしっかりと「脾」の養生をしましょう!!

 

 

特に、

・むくみやすい

・胃の膨満感

・吐き気、嘔吐

・下痢、腹痛

・食欲不振

・頭、身体が重い

などの症状がある場合には、脾が弱ってい可能性が高いです。

 

そんな時には、

甘みのある野菜や、黄色の食べ物を摂ると良いと言われています。

例としては

もやし、八角、春雨、イチジク、バナナ、大豆、豚肉、南瓜、山芋etc…

20130213110921[1](←関係無いのばっかり(笑))

が良いと言われています。

 

夏の疲れが残っている方も是非取り入れてみて下さい!

 

脾は身体の中心でとても重要になるので、しっかりと養生をして

健康に過ごしましょう!!!

インフルエンザは油断大敵!

 

こんにちは晴れ

ひろゴン整骨院 天理インター院の神田ですうれしい顔

 

気温が涼しくなってきて、過ごしやすい気候になりました。

また、前回までのブログでも書きましたが、乾燥しやすい時期でもあります。

 

そんな環境で活発になるのが、ウイルスや細菌です。

特にこれからの時期に流行しやすいのが、『インフルエンザ』です雷

 

マスク

 

「燥邪」で肺が弱り、免疫力が下がった所に猛攻をかけてくるのです

 

インフルエンザの予防は、一般的に言われている、

・手洗い

・うがい

・マスク着用

などと、他には

手すり・ドアノブ・エレベーターのボタンなど公共のものを触った手で口や鼻を触らないようにしましょう!!

 

また、ウイルスから身体を守るために、病気を寄せ付けない強い体質づくりが何より大切になってきます。

 

インフルエンザを予防するポイントは、「肺」「脾」「腎」の力を養うことです。

 

特に「肺」は免疫の要になるので養生するように気を遣いましょう!

 

肺の養生は前回の記事を参考にして下さいねわーい (嬉しい顔)

乾燥注意報発令中?!

 

『脾』と『腎』の養生については後日のブログで紹介させて頂きます!!

 

『脾』↓

食欲不振は「脾」の用心?!

『腎』↓

腎気の衰えは元気の衰え

お肌トラブルは身体からのサイン

 

こんにちは!晴れ

ひろゴン天理インター院の神田ですわーい (嬉しい顔)

 

 

前回のブログでも記した通り、今の時期はすごく乾燥しやすくなっています。

前回のブログ↓

乾燥注意報発令中?!

 

その中でも今回は肌のトラブルについて紹介します!!

 

カサカサ、かゆみ、赤み…

この季節に多く見られる肌のトラブルは、

秋特有の邪気「燥邪」が主な原因と東洋医学では考えます。

 

燥邪にも2種類あり、「内燥」と「外燥」があります。

外燥は外気の乾燥によるもので、

内燥は体内の潤いの不足によるものです。

 

片方だけでも充分身体を侵食するのですが、二つとも合わさることも珍しくなく、今の時期は特に両方とも影響を受けている方が多いです。

 

燥は「肺」傷つけやすく、その肺は、皮膚と密接な関係にあります。

その為、乾燥すると肌のトラブルが増えるわけです。

 

またトラブルの種類にもいくつかあり、それによってもアプローチの仕方が少し変わります。

 

カサカサタイプ

空気の乾燥や体内の水分不足が原因でカサカサ肌に。夏の日焼けの影響が残っていることもあります。

このタイプの人は、

大根、蓮根、ほうれん草、りんご、百合根、蜂蜜

を摂るようにしましょう!

 

赤みタイプ

乾燥でかゆみが生じると、無意識に掻いてしまうことで皮膚を刺激し、炎症を起こしてしまいます。

このタイプの人は

ゴボウ、レタス、西瓜、苦瓜、豆腐、緑茶

を摂りましょう!

 

かゆみタイプ

体内の水分や、栄養を運ぶ血(けつ)が不足すると、皮膚に潤いや栄養を貯えることができずかゆみが現れます。

このタイプの人は

ハッカ、三つ葉、しそ、葛湯、桑の葉

を摂りましょう!

 

ジュクジュクタイプ

乾燥の主症状ではありませんが、身体に「湿(余分な水分や汚れ)」が溜まっていると、表面は乾燥していても炎症などを起こすことがあります。

このタイプの人は

ハト麦、どくだみ、冬瓜、小豆、もやし

を摂りましょう!

 

肌トラブルだけでなく、

口や鼻の乾燥

咽の乾燥感や痛み

空咳

尿の量が少ない

便秘気味

などの症状が見られたら、燥邪にやられている可能性が高いので、注意してくださいね!

 

乾燥注意報発令中?!

 

こんにちは晴れ

ひろゴン整骨院 天理インター院の神田ですわーい (嬉しい顔)

 

夏が終わって過ごしやすい季節になりましたね。

暑さもやわらいで身体もほっと落ち着きますが、朝晩が冷え込んだりと

高温多湿の夏に変わり、秋は「乾燥」が気になる季節です。

 

そんな気持ちのよい爽やかなこの季節にも体調を崩す要因は潜んでいるので油断は禁物危険・警告 (!)危険・警告 (!)

 

東洋医学では秋は空気が乾燥しやすい時期なので「燥」の季節にあたり、

「燥邪」の影響を受けやすくなります。

燥邪の影響を一番受けやすい臓器は「肺」。

肺は、鼻やのど、気管支などとつながっているため、特に「肺」を中心とする呼吸器系の不調に注意が必要です。

 

その他「大腸」「皮膚」なども燥邪の影響を受けやすくなっているので、不調のサインを見逃さないようにしてくださいdouble exclamationdouble exclamation

肺

肺が燥邪の影響を受けると、

・のどや鼻の乾燥

・乾いた咳

・粘りのある痰

・口の渇き

といった呼吸器のトラブルのほか、皮膚の乾燥やかゆみを感じたり、

体内の潤い不足から便秘しやすくなったりすることも台風

 

上記の症状が出た際は、身体の中から潤いを補い、早めに改善するよう心がけましょうexclamation

 

また、辛味は燥邪を発散し肺を養う作用があるので、潤いを与える食材と同時に摂りましょう!!

 

辛味…生姜、しそ、葱、大根、白菜、くずきり、三つ葉etc…

潤い…ゴボウ、蓮根、銀杏、梨、鶏の手羽先、胡麻、蜂蜜etc…

 

秋は木々の葉が落ち始めたり、徐々に日が短くなったりと、

ちょっとした憂いを感じる季節でもあります。

気分が落ち込みやすい人は、家族団らんの時間を過ごしたり、月見や紅葉狩りなど秋の行事を楽しんだりと、

ストレスや鬱気分をためないように注意しましょうexclamation

「食欲の秋」

「読書の秋」

「スポーツの秋」

「実りの秋」

「紅葉の秋」

など、秋は色々と魅力的ですので、アクティブに動き回りましょう!!

背中・腰の丸まり諦めていませんか?

脊椎が変形している患者さんの施術前(上)、施術後(下)の写真です。

 

後湾の変形が、6分程で取れていきます。

 

 

「真っすぐに立って歩けるわうれしい顔

嬉しいお言葉です。桜

 

「パソコン作業で背中が丸まっている」

「スマホを触っていると首が前にでてる」

もしあなたが、腰や背中が曲がってしまってもうあきらめているのであれば、一度私たちに任せて頂けませんか??

 

必ずあなたのお役に立ちますdouble exclamation

 

腰・背中だけでなく猫背も簡単なソフトな施術と指導で改善出来るので、お困りの方は一度ご連絡下さい!

 

低気圧って身体が重だるくなりますよね

 

こんにちは晴れ

ひろゴン整骨院 天理インター院の神田ですわーい (嬉しい顔)

 

最近集中豪雨が降ったり、台風が来たりと何かと天気が優れない日が続いていますね。雨

 

『天気が崩れると頭痛がする』

『雨が降ると体が重だるくて、動きたくない』

なんてことないですか??

 

特に女性の方は気圧の変化に敏感な人が多いと言われています。

virus_zutsuu2

そんな方の為に、雨の日の頭痛のメカニズムと対策をお教えしますdouble exclamationdouble exclamation

 

まず、雨の日の頭痛多いのは偏頭痛の場合が多く、偏頭痛の詳しい事はコチラをご覧ください↓

http://ortho-g.co.jp/hirogon/tenri/2017/09/20/緊張性頭痛と偏頭痛/

 

では、なぜ気圧の変化が頭痛に関与するのでしょうか??

理由はおおきく分けて4つあります。

 

1 (one) 血管が拡がるから

気圧は「大気圧」と呼ばれ、普段から私たちの身体に圧をかけています。

それによって血管も抑えられているのですが、気圧が下がることで抑える力が弱くなり血管が拡がります。

そうなることで脳の血管が神経を圧迫・刺激して頭痛を引き起こします。

また、全身の血管が拡がるので、むくみやだるさにもつながります。

 

2 (two) 血液循環が悪くなるから

血管の太さはホルモンや自律神経もありますが、気圧と血圧のバランスで保たれている部分があります。

その為、気圧が下がると血圧も下がります。

元々血圧が低めの人は、更に血圧が下がり、結果血液循環が悪くなります。

循環が悪くなると筋肉が栄養不足になり硬くなってしまいます。

硬くなると更に循環不良が起きるという悪循環がおき、頭痛がおきます。

血液循環が悪くなり、酸素が不足するのであくびが出やすくなります。

 

3 (three) 副交感神経が優位になるから

要は自律神経の乱れです。

交感神経と副交感神経は常にどちらかが優位になることでバランスを保っています。

しかし、「血管が拡がる」現象がおこるには、交感神経が鎮まる必要があります。

相対的に副交感神経が優位になり、無意識に身体が休む体制に入ります。

そうすると「頭が働かない」「眠たい」等の症状と共に頭痛がおこります。

 

4 (four) 酸素が減るから

気圧がさがると酸素濃度が下がります。

厳密には空気全体が薄くなります。

高い山に登るとよく「高山病」になるというのを聞きますよね。

これは標高が高い所に行くにつれて気圧が下がり空気が薄くなるからとされています。

100m登るごとに約10hPa下がると言われていますが、

高気圧と低気圧の差が50hPaある場合があります。なので低気圧の日は、標高500mの所にいると思ってもらっても良いでしょう爆弾

ちなみに台風だと差が100hPa開くこともあるそうです。

脳は酸素を多く必要とする為、酸素が少なくなると脳が正常に働かずめまいや耳鳴りと共に頭痛がおきます。

 

このように実は気圧って身体にとても重要な存在だったんですexclamation

 

次回は気圧に体調を左右されないような対策をお教えするのでお楽しみに!!

何年も自然に来なかった生理が来た!!

 

むちゃくちゃ嬉しいご報告です!

もう何年もホルモン剤を飲まないと来なかった生理が、当院のホルモンバランス療法を6ケ月受けて頂いたところ、投薬なしで自然に生理が来たそうです!

ご本人も何年振りやろ!?とおどろきと喜びの両方が入りまじった様子でした!(^^)!

私もそれを見て我がことのように嬉しいです!!

そして、もっともっと多くの生理不順や生理痛、PMSや不妊に悩む方に当院の女性ホルモンバランス療法を受けて頂きたいと考えています!

なんと当院では、11月いっぱいまで女性ホルモンバランス療法の半額キャンペーンをやっております。
鍼灸の経絡(ツボ)を鍼を使わずに刺激し整え、自律神経を整えることによって滞った女性ホルモンの分泌を促します。

もしあなたが、
・つらい生理痛
・生理不順
・子供がなかなかできない不妊
・生理前になるとイライラしてしまうPMS
などの症状でお悩みでしたら一度お気軽に私たちまでご相談ください。

必ずあなたの助けになります。

ひろゴン整骨院天理インター院
奈良県天理市石上町594-1-101
0743-65-3733

女性ホルモン 声