天気と頭痛の関係とは?

こんにちは!!

ひろゴン整骨院天理インター院です。

 

本日のテーマは「天気と頭痛の関係とは?」です。

頭痛

雨の日に頭痛がしたり、台風の前日に肩こりを感じたり

天気が悪くなると調子が悪くなる方が周りにいませんか?

 

では、なぜ天気が悪くなると体調が崩れるのでしょうか?

天気が悪くなるというのはどういう状況でしょうか?

天気が悪くなる時、気圧は低気圧状態になっています。

低気圧とは、簡単にいうと身体にかかる圧力が少し少なくなる状態のことです。

 

では、なぜ低気圧になると頭痛になるのでしょうか?

低気圧により、身体にかかる圧力が減ると、筋肉や血管、神経などの負担が減ります。低気圧で血管への負担が減った際に、体内の血が一気に頭の方へと流れます。この時に、一気に脳へ血が流れるために、脳内の神経が圧迫されて頭痛が発生します。

低気圧の影響で頭痛になる人とならない人の違いは?

自律神経が整っている人か、そうでないかです。

 

自律神経が整うと、身体が気圧の変化に気付き、血管の拡がりを調整してくれます。血管の調整ができると、低気圧がきても血管の拡がりを負担かからない程度に調整してくるんです。

では、低気圧の影響で頭痛になった場合の対処法は?

安静と休息が優先です。

 

安静にする事や休息をとる事によって、身体が自律神経を調整しようと働いてくれます。ですので、頭痛が発生した際は、なるべく安静にしたり、休息をとるようにしましょう!!

 

以上

「天気と頭痛の関係」でした。

 

最後まで、ブログを読んで頂きありがとうございました。

当院では、自律神経を整える治療を行なっていますので

お困りの際は、気軽にお電話下さいませm(_ _)m

 

TEL 0743-65-3733

奈良県天理市石上町

ひろゴン整骨院天理インター院

 

診療時間 8:30~12:30  16:00~21:00

休診日 日曜日・祝日・第4水曜日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です