骨盤矯正

このホームページをご覧頂いているということは、あなたは骨盤の歪みを自覚されているまたは、他人に指摘されたことがある方ではないでしょうか?
骨盤が歪みとどうなるか。また、なぜ骨盤が歪んでくるのかを皆様に知っていただきたいと思います。
骨盤が歪むとどうなる?
あなたはこんなお悩みありませんか?
  • ・腰や肩の位置が左右ちがう
  • ・太りやすい体質、くびれがなくなる
  • ・下腹が出る
  • ・下半身がむくみやすい、下半身太り
  • ・姿勢の悪化
  • ・肩こり、腰痛がひどくなる
  • ・O脚
  • ・おしりが垂れるなど
人それぞれ症状はバラバラですが、
身体に負担がかかりさまざまな症状が身体にあらわれてきます。
当院では、骨盤の歪みではなくなぜ骨盤が歪んだのか!の根本を探ることが大事だと思うのです!
歪みよりも歪んだ理由とは?
なぜかというと、骨盤が歪むべくして歪んでいるからです。
歪んでいる方が、あなたのカラダにとって様々な負担を軽減することができるからです。
歪ませることでバランスをとっているのです。
ですので、へたに歪みを取ってしまうと今までバランスをとっていた負担がくずれるので違う不調がでてくる可能性があります。

骨盤の歪みも大事ですが、骨盤が歪んだ原因を探らないと
骨盤の歪みは改善されないのです!

では、骨盤が歪む根本的な原因は??
それは大きく3つあります。

①肉体的疲労(筋肉や関節・骨格など)
②内臓疲労(食べ過ぎ・飲み過ぎなど)
③精神的疲労(ストレス)

骨盤が歪んでいる方はこの3つのうちどれか、もしくはすべてを抱えています。
当院の施術はこの3つを取り除くことで、骨盤の歪みの根本原因から改善します。

他院とのちがい
他のところでは、筋肉や関節・骨格などレベルでの改善をおこなうことが多いです。
しかし、結果としてでている症状へのアプローチなのでその場では変わったように感じますが、根本原因が改善されていないので時間の経過とともに元に戻っていきます。

当院では先程述べたように

①肉体的疲労
②内臓疲労
③精神的疲労

から改善を図りますのでその場しのぎの施術は致しません。

体の根本から改善するので、他のやり方より時間はかかりますがそっちの方が結果的により効率的ですし体も楽です。

内臓疲労や精神的疲労と言われても骨盤の歪みと結びつけるのは難しいと思います。
実際の施術方法をご覧頂きながらご説明していきますね。

調整のやり方

問診・ヒアリング

まずは問診票に記入いただきます。
記入して頂いた問診票に従い、あなたのカラダについて色々質問していくので答えてください。
あなたの生活習慣や日常生活で多い動作などを教えて頂きます。

検査

次に検査をしていきます。
体の動きや、筋力検査、内臓の検査、神経伝達の検査などあなたにある体の問題を当院独自の方法で検査していきます。
機械は一切使いません。すべて手や目で行います。
私たちの目と手は細かい変化や違いを見逃さないように鍛錬されています。

原因の説明

施術に入る前に検査結果をお伝えし、なぜあなたの骨盤が歪んでいるのかを分かりやすくホワイトボードを使いながらお伝えいたします。
検査の結果で施術内容をお伝えします。
不必要な施術は出来るだけ省きます。

骨盤の位置調整

骨盤を正常位置に専用ブロックで誘導することで体液循環が良くなります。
そうすることで、体内に溜まっている疲労物質や不要物を流していきます。
また筋膜の引きつりが取れていきますので全身の筋肉がホワッと緩んできます。

背骨の調整(血流・体液循環の調整)

約5~8分くらい背骨をゆらゆらさせて、背骨を柔らかくします。
多くの方が背骨がかたくなってしまっています。
背骨のかたさが取れてくると、血流や体液循環がよくなります。
このとき、人によっては体がポカポカしてきたり眠くなってきたりします。
これは、副交感神経がはたらきリラックスしている状態になるからです。

頭蓋骨の歪みの調整(ストレス調整・脳内物質の生成)

頭蓋骨の歪みを調整します。
顔の歪みも整えられるので美顔効果もあります。
頭蓋骨は15種23個の骨で形成されています。
そのかみ合わせを調整する施術です。施術を受けている方は触られている感覚しかありません。頭蓋骨を動かす圧力がそれくらいの力でないと動かないと言われています。
この施術はうつ病や自律神経失調症にも効果が期待できる施術です。

プランの提案

体は1回の施術では変わりません。体は時間をかけて元に戻っていきます。
あなたの状態に合わせた通院ペースをご提案致し、ベストな施術で最短のプランをご提案させて頂きます。

セルフケア指導

最後は、家でできるあなたに合った簡単なセルフケアをお伝えいたします。
家でのセルフケアはついつい面倒でおろそかになりがちですが、早期改善を目指すのであれば3分でいいので日常にセルフケアの時間をつくりましょう!