当院について

受付時間について

受け付け時間
8:30 ~ 12:00 /
16:00 ~ 20:30 / /

休診日・・・第4水曜日、日曜日、祝日

予約をとる際のお願いごと

最近時間帯によっては予約が取れず、キャンセル待ちの患者さんが増えてきております。
ひとりでも多くの患者さんに治療を受けていただきたいとの気持ちから、
予約についての3つのお願いです。

1.予約時間は必ず守ってください。

  予約時間までには来院いただき、待合所でお待ちください。
  (早めに来院いただく分にはどれだけでもかまいません)

2.キャンセルされる場合は前日までにお願いします。

  (どうしても間に合いそうにない場合はできるだけ早い段階でお電話ください、当日キャンセルされた場合はキャンセル料満額を収めてくださいますようお願いいたします。)

3.無断のキャンセルは絶対にしないでください。

  もちろん突然の出来事(事故や不幸事など)の場合はこの限りではありません。
  
一人でもたくさんの患者さんの笑顔をみるために今日も私たちは全力で施術しています。
ご協力お願いいたします。

アクセス

院名 ひろゴン整骨院 天理インター院
住所 奈良県天理市石上町594-1-101
電話番号 0743-65-3733
受付時間 8:30 ~ 12:00/16:00 ~ 20:30
駐車場 5台

天理インター院スタッフ紹介

氏福将史

院長
経歴
平成22年4月 東洋医療専門学校 柔道整復師学科入学
平成25年3月 東洋医療専門学校 柔道整復師学科卒業
平成25年4月 柔道整復師免許取得
平成25年4月 有限会社believe入社
平成27年2月 有限会社believe退社
平成27年5月 株式会社 ひろゴン入社
平成28年2月 現在に至る

私は、もともと飲食店で5年間店長をしていました。
朝7時から夜23時まで過酷な労働時間でフラフラになりながら働いていました。
アルバイトやパートさんも20名ほど抱えながら、忙しい日々・・・
そもそも大学卒業してやりたいこともなく何となく始めた仕事だったので、どうしてこんなにツライ思いしながら働かなければいけないのだろう・・・
倒れて入院したら仕事休めるのにな・・・そんなことを考えてしまうようになっていました。

立ちっぱなしの仕事で、腰と足は常にパンパン、肘は重い食器が入ったコンテナを食洗機に何十回も出し入れするので真っすぐ伸ばせない・・・そんな状態でした。

休みの日は、ひたすら寝る・・・というか外に出かける元気もなくなっていました。
慢性の睡眠不足状態でした。

ある時、腰痛がひどくなったのでふらっと整骨院に行きました。
施術が終わり帰る頃には、嘘みたいに体が軽くなっていました!

もっと早く来れば良かった・・・そう思いました。
体が楽になると不思議と心も軽くなることを実感しました。

このことに気付いた私は、いつしか私のように体も心もボロボロになっている人を助けてあげたいと思うようになりました。
当時の仕事にやりがいを見いだせなくなっていたこともあり、思い切って国家資格を取るために学校に入りました。

元々勉強が苦手でしたが、やりたい仕事にためにと思い3年間頑張って無事国家資格に合格しました!

実際に患者様を診させて頂くようになるとやはり過去の私のように仕事に追われ、忙しいを口グセに体のケアをせずにボロボロになっている方がすごく多いのが現実でした。

でもそういった方が楽になり笑顔になっていく姿をみると、今までにない喜びが込みあげてきます。

これをご覧になっているあなたもきっと頑張り過ぎてしまう方だと思います。
その結果が今のお辛い症状を引き起こしています。
自分のカラダのこと、もっともっと大事にしてください。

不調により、あなたの仕事や家事・育児・やりたいことが思うようにできなくなっていることを出来るようにお力になります。

安心してください。もうどこの病院・整骨院が良いとか迷わなくて大丈夫です。私たちが最後の砦となります。

坂折佑哉

私は子供の頃から外で体を動かして遊ぶのが大好きでした。
小学生の頃にはサッカーに出会い、一人の時は家の壁にボールを蹴って遊んだり弟や友達と一緒にサッカーをしたり非常に楽しい幼少期を送っていました。
そのまま中学ではサッカー部に所属し練習や試合に打ち込み、高校では友達に誘われてバドミントンを始めました。興味本位で始めたバドミントンでしたが、ずっとサッカーばかりしていたので不慣れな動きや無理な体勢でボールを打ったりとだんだん体に負担が蓄積していきました。そしてある日、ついに立てないくらいの腰痛が僕をおそいました・・・。
この時、人生で初めて整骨院に行きました。1回の施術で全く腰に力が入らなかったのが一人で立てるようになりました。
「すごい!!こんな短時間で痛みがマシになるのか」

そのことがきっかけで、高校を卒業し私もあんなゴッドハンドになりたい!と思い鍼灸師の養成学校に進学しました。

養成学校1年目の時、母親が腰を痛めました。
まだ当時は施術出来るほどの技術もなかったので、母は近くの整骨院へ通っていました。

母親は腰が良くなっていくのがすごく嬉しかったみたいで笑顔で私に、そこでどんな施術をしているのか、どんな雰囲気なのかなどを事細かく話してくれていました。

私はそこの整骨院に行ったことはないが大体そこの整骨院がどんな所かわかるぐらいになっていました(笑)
母を楽にしてあげられないことが歯がゆかったのと悔しかったのを覚えています。

そのおかげもあり無事国家試験も合格することが出来、現在は目標であった鍼灸師の先生をしています。
この仕事を始めてからはまだまだ学ぶこともたくさんあり日々驚きの連続です。

皆さんを悩みや苦しみから助け、健康で快適に生活が過ごせる手助けが出来るような「救世主」になることが私の使命だと思っています。
皆さんの喜びに満ち溢れた人生をつくる為に、私と一緒に頑張っていきましょう!

神田龍志

私は小学生の頃から母や親戚のおばちゃん、おばあちゃんに肩もみをするのが得意でした。するたびに「気持ちいい」や「効く~」と言ってもらい調子良くしていました。自分自身が肩がコルのでそういう人の触られると気持ちいい場所が分かっていたのかもしれません。

高校2年生の時に進路に悩んでいると、私が肩もみをしていた人たちからそういう道に進んだらどう?と言って頂いたこともあり鍼灸師の道に進みました。全く専門的な知識はありませんでしたが、好きなことが出来るという喜びから、今まで得意ではなかった勉強に自然と取り組めこの春鍼灸師になることが出来ました。

手技療法を知れば知るほど奥が深く、症状1つとっても治療方法が様々ありました。その中でもひろゴン整骨院の治療方法に一番興味が惹かれました。治療の考え方から手技の内容までこれで間違いないと自信を持って言えます。

皆様に笑顔と元気を提供できるようこれからも日々精進を続けていきたいと思います。

私と一緒に身も心も健康なハッピーライフを共に造っていきましょう!