副腎疲労症候群

あなたは何個当てはまりますか?











3つ以上当てはまる方は副腎疲労症候群のおそれがあります。

副腎疲労症候群の原因


うつ病と間違えられやすいこの症状は、倦怠感・疲労感が
強くあらわれ、何もする気が起きなくなってしまいます。
しかし、見た目には分かりづらいため周りの人に理解されず非常にツライ症状なのです。

副腎疲労症候群とは


副腎疲労症候群になる原因としてあげられているのが精神的ストレス・肉体的ストレス・生活習慣です

人間はストレスを脳で感じます。
すると脳から副腎刺激ホルモンが出ます。
副腎は刺激を受け、抗ストレスホルモン(別名:コルチゾール)を出し、ストレスを緩和します。
しかし、ストレスや不規則な生活が毎日続くと副腎に疲労が溜まり、ストレスに抵抗できなくなります。

根本的から改善するには自律神経を整える

一般的な治療法は薬物療法やサプリメント、食事療法や生活習慣の改善といった手段がとられます。
ですが、症状を改善させようと試みる治療行為が新たなストレスになり症状を悪化させることもあります。

私たちは副腎疲労症候群の根本的な原因は自律神経の乱れだと考えています。

自律神経とホルモンバランスの関係はとても深く、互いに影響をしあっているので
どちらかが乱れると片方も崩れてしまうのです。

当院では、自律神経を整え、根本から改善する施術を行いますもちろん施術だけに依存するのではなく一緒に改善へのゴールを目指して頂きます。
だからと言って必要最低限の無理のない範囲でお願いしますのであなたへのストレスはかけません。

まずは一度、ひろゴン整骨院天理インター院へお越しください。
あなたに一番いい治療プランを提供致します。