ぎっくり背中

  • 朝起きると背中に激痛が走った
  • 痛さで力が入らなくて、生活に支障をきたす
  • 呼吸すると痛みがでる
  • 体がねじれないので動かすことがツライ

これを見ているあなたは背中の痛みでツライ経験、またはお悩みがある方だと思います。痛さをかばうために変なところに力が入ってしまい、疲れ方も倍疲れますよね。
でも、安心してください。

当院はそんなあなたのつらい症状のお助けが出来ます。

そもそもぎっくり背中ってなに?

「ぎっくり腰」はよくお聞きする言葉だと思いますが、「ぎっくり背中」って聞き慣れない言葉だと思います。
ぎっくり背中は専門的な言葉で「背部挫傷(はいぶざしょう)」と言います。
その名の通り、背中の筋肉が傷ついている状態です。
傷口に炎症が起きてしまい、回復までにどうしても時間がかかってしまいます。
  • ≪痛める危ない瞬間!≫
  • ▶深呼吸をした瞬間
  • ▶くしゃみ・咳がでた瞬間
  • ▶物を床に落とし、座ったままそれを拾おうとした瞬間
  • ▶高いところの物を取ろうと手を伸ばした瞬間
  • ▶投球動作などのスポーツをした瞬間
  • ▶交通事故後の後遺症  など
  • 「あまりこりなど感じない!」と自覚が無い人や、
    ちょっとした咳やくしゃみでも背中に激痛が走ることがあります。

    ぎっくり背中の原因は?

    ぎっくり背中の原因として考えられるのは、
    疲労が蓄積し、筋肉がすでに硬くなっている状態が起きています。
    そして炎症が起きると、その炎症を止めようと体の様々な物質が
    炎症を起こしている箇所へ集まります。
    その物質の中には、安静を保てるように痛みを感じる物質も含まれており、
    そのため痛みの症状があらわれるのです。

    炎症が鎮まっていく過程で、不要になった物質や発熱物資が生まれます。
    それらは、血液が自然と流していき、徐々に治癒していくのです。

    ≪ぎっくり背中になったときの注意点!≫

    ●痛みがある場合は温めNG!
    ∟痛みが治まれば温めることもOK!
    ●筋肉を和らげようとマッサージはNG!
    ∟マッサージやストレッチの刺激はかえって傷口をひらくことになりかねない!
    ●無理な運動はNG!
    ∟痛みがある場合の無理な動きは更に悪化させる!

    ひろゴン整骨院の施術方法

    ぎっくり背中を治すには、筋肉をやわらげ血流を改善させるのが早期改善になります。
    だからといってマッサージなどの刺激は悪化させる要因になるので
    私たちはマッサージやストレッチなどの刺激を与えず
    筋肉を柔らかくし、血流の流れを整え、ぎっくり背中を改善させる術をもっています。
    背中の激痛がなかなか良くならないとお悩みを抱えている方は
    当院へお越し私たちにお任せください!
    きっとあなたのお役に立てます!