逆流性食道炎

ホルモンのバランスを調整する整体で胃酸過多を防ぎ逆流性食道炎を改善しませんか?
  • 胸やけがよくある
  • ゲップがよく出る
  • 胸痛が時々出る
  • 横になると、胸焼けがして眠れない

そもそも逆流性食道炎の原因は?

自律神経の乱れからくる、重心のズレと全身の歪み

日常生活において、食生活や喫煙、環境ストレス、便秘等の様々なきっかけで身体はバランスを失います。

それらの原因から自律神経が乱れ、重心がズレることにより、身体が歪み始めます。

例えば、身体の歪みから横隔膜(胸とお腹を分ける大きな膜です)に捻じれが起こります。
横隔膜が捻じれると、横隔膜を通る食道が圧迫されます。
また、食道と並走している神経が圧迫されることで、内蔵機能が低下します。

このように、身体の歪みが起こると結果的に、内蔵機能まで悪くしてしまうことになります。

一般的に行われている逆流性食道炎の対処や施術は?

薬と食事指導による対処療法が多いです。

一般的に、薬で経過観察する事が多いです。
薬に関してですが、応急処置としては一定の効果が得られるかもしれません。

ですが、薬を飲まなくなった時、再び胸焼けが起こり、夜眠れなくなったら?
食事制限中であっても、友人や家族と楽しく食事した後に胸焼けが起こったら?

そもそも、薬で抑えつけていた『胃酸』が原因ではなかったら?

『胃酸』自体が原因なのではなく、体の他の部分に原因があるとしたら、、、

対処療法で抑え続けるということは、根本原因を放ったらかしにし続けるということです。

放っていた時間が長ければ長いほど、根本の原因は根深いものになっていきます。

当院ではどのような施術で逆流性食道炎を改善させるのか?

自律神経の調整を行い、重心のズレを整えます。

身体の重心がズレる原因こそが、根本原因と考えております。

ですので、ひろゴン整体院かしはら院では、身体の重心を整えるために、重心・歪み・内蔵・循環ストレス等の、どこに原因があるのか?

なぜ自律神経が乱れているのか?を、問診と検査をしっかりと行い、導き出します。

自律神経の調整で、大きなウエイトを占めるのが、内臓の調整と、頭蓋骨の調整です。

自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、内臓の働きや、体液の循環、ホルモンバランスに影響を与えます。

あなたのお身体は、あなただけの環境ストレスや生活習慣で、他の人とは状態が違います。

しっかりと検査し、あなたに適切な施術を提供できるようにご説明いたします。

そのうえで、身体をしっかりと調整させて頂くことで、お悩みの改善へと導きます。

逆流性食道炎に悩んでいるあなたへ

当院の患者さまでも逆流性食道炎でお悩みの方は多くいらっしゃいます。しっかりお話を伺いし、改善に導くよう施術させて頂きますので、安心してひろゴン整体院かしはら院へご相談ください。

お気軽にご相談ください!もう悩まなくても大丈夫ですよ。 0744-35-6121 受付時間9:00~13:00 16:00~20:00

メールで相談する

関西有数のスポーツ整形外科医からの推薦文 医療法人友広会 理事長 鞆浩康先生

あなたのその痛み、背骨・骨盤などの骨格のズレによる可能性があります。一度相談してみてください。良い結果が出るはずです。

医師として私が推薦します!

痛みや不調で整体院に行くと、ほとんどの場合は症状が出ている箇所だけを施術します。

痛みの原因がはっきりしている場合は良いのですが、実際は痛みや不調の原因が自律神経の乱れや、脳脊髄液の循環不良から来ていることが非常に多いのです。

内力(自然治癒力)を高めるには、自律神経のバランスと脳脊髄液の循環が鍵を握っています。 ここに着目して施術を行っている整体院は全国でもそれほど多くないでしょう。

もし、あなたが原因不明の症状に悩まされているのであれば、ひろゴン整体院かしはら院に相談されてみてはいかがでしょうか?