産後ケア・骨盤編

 

産後ケア・骨盤編

 

・腰や股関節等の骨盤周辺の症状が気になる

・腰痛や肩こりがひどくなっている

・歩くと股関節の周りが痛い

・産前産後の尿漏れが気になる

・産後、姿勢が猫背のようになってしまった

・妊娠前に履けていたズボンが入らなくなった

 

あなたはなぜ、骨盤の歪みを整えたいのですか?

「骨盤が開いていると太りやすくなる」「産後6か月以内に整えないと、固まって整わなくなる」「体型が戻らなくなるのが怖い」など、いろいろな情報が手にはいる今、何が正しくて、何が間違っているのか不安になってはいませんか?

 

ひろゴン整体院にも「産後は骨盤矯正をすぐにした方がいいと言われて来ました」という方も少なくありません。

 

ですが、せっかくの整体も骨盤矯正も、目的が不明確だと効果が半減してしまいます。

腰痛で困らない体になりたい」と「スタイルを綺麗にしたい」では同じ骨盤矯正でも目的が異なりますので、方法も少し変わります。

 

大切なのは「どんな自分になりたいか?」です。

あなたのお悩みをしっかりと聴かせていただき、「なりたい自分」になれるよう、サポートさせて頂きます。

 

 

そもそも、なぜ骨盤は歪みやすいのか?

ひろゴン整体院では、「自律神経の乱れ」から「重心のズレ」が起こり、「重心のズレた体が」重力に対抗するために「骨格を歪め」、骨盤の歪みが起こると考えています。

 

骨盤の働きは大きく4つ。

 

  • 内臓を支え、保護する。

人間は直立二足歩行なので重力に従い、内臓の重さは腹壁ではなく、骨盤に掛かるようになっています。そのため、臓器を支え、保護も担っています。

 

  • 排尿をコントロールする土台

骨盤の中には、主に4つの筋で構成される、骨盤底筋があります。骨盤底筋は骨盤の底で、ハンモックのように膀胱・子宮・直腸が下がらないように支えてくれています。

  • 足と体をつなげる(股関節と骨盤力の分配)

骨盤は上下方向から掛かる力(重力と反力)を分配する

  • 分娩

骨盤は分娩時、赤ん坊の通り道になる。通路として妨げることのないよう、柔軟性が必要になる。

 

また、骨盤は呼吸とも大きく関わりがあり、呼吸がうまくできない姿勢などになっていると、骨盤への負担は大きくなります。

 

以上のように、出産時以外にも骨盤は体の土台となり、体を支えてくれています。骨盤は日頃から仕事が多いので、何気ない日常生活のうちに、骨盤をゆがめてしまう結果になります。

 

出産時には、関節を柔らかくするホルモンが分泌されますので、骨盤をリセットし、整えるテャンスでもあります。

 

ひろゴン整体院の調整で、なぜ骨盤が整うのか?

 

ひろゴン整体院では、自律神経の調整を専門にしています。

 

自律神経とは交感神経副交感神経のことです。

 

自律神経は体液循環・呼吸・消化・発汗・体温調整・内分泌機能(ホルモン)・生殖機能・免疫機能などの生きる上で必要な機能の調整をしてくれています。

 

自律神経が乱れると、体の重心位置が崩れます。崩れた重心で生活すると、体に歪みをもたらします。

 

ひろゴン整体院では骨盤だけではなく、全身を調整させていただき、あなたのなりたい自分をサポートさせていただきます。

医師として私が推薦します!

痛みや不調で整体院に行くと、ほとんどの場合は症状が出ている箇所だけを施術します。 痛みの原因がはっきりしている場合は良いのですが、実際は痛みや不調の原因が自律神経の乱れや、脳脊髄液の循環不良から来ていることが非常に多いのです。 内力(自然治癒力)を高めるには、自律神経のバランスと脳脊髄液の循環が鍵を握っています。 ここに着目して施術を行っている整体院は全国でもそれほど多くないでしょう。 もし、あなたが原因不明の症状に悩まされているのであれば、ひろゴン整体院かしはら院に相談されてみてはいかがでしょうか?