交通事故後の手続きは1か月目が大事。

こんにちは。
ひろゴン整骨院かしはら院の長澤です。

本日のテーマは「交通事故後の手続きは1ヶ月目が大事」です。

交通事故に遭ってすぐは、様々な事をしなければなりません。
警察に連絡。
保険会社に連絡。
第3者(事故を見ていた人)を見つける。
病院に行く。

など、やらなければならない事は沢山あります。
ここで、先を見据えて大事なのが、、、

診断書と画像診断です。

もし、事故による症状がその後もずっと残っていたらどうしますか?
これを後遺症と言いますが、一体誰が保証してくれますか?
加害者?いいえ、保証しません(事故後は直接交渉できない。保険会社か弁護士が介入します。)

じゃあ保険会社?いいえ、保険会社は、保険会社の算定基準のお金しか払ってくれません。

じゃあ弁護士?いいえ、弁護士は、証拠を提出して申請してくれるなどです。

結局、誰も後遺症を保証してくれないのです。
なので、自分で後遺症が残った場合も考えて、1ヶ月目からしっかり行動すべきなのです。

ですので、事故後に必ず、とってほしい行動は
病院にて診断書を頂くのとMRI画像を撮ってもらう事です。

では、いつまでに病院で画像を撮ってもらったらいいの?

事故後2週間以内です。

事故後にMRI画像をしっかり撮らなくて、
事故してから1ヶ月後にレントゲンを撮っても
事故からしばらく経ってますので、事故との因果関係がないものとみなされます。

 

 

 

以上が、 「交通事故後の手続きは1ヶ月目が大事」でした。

他に、ご相談、お悩みがありましたら、気軽にお電話くださいませ。

TEL 0744-35-6121
ひろゴン整骨院かしはら院
奈良県橿原市葛本町708−1

診療時間 9:00~13:00 16:00~20:30
休診日 日曜日・祝日・第4水曜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です