交通事故による後遺症とその手続き。

こんにちは。
ひろゴン整骨院かしはら院の長澤です。
今回のテーマは「交通事故による後遺症とその手続き」です。

まず、後遺症(こういしょう)とは、交通事故の被害に遭って怪我をして、その後しばらくも、何らかの機能障害などや症状や傷痕として残ることを言います。

交通事故における後遺症は以下の3つのことを言い、

①ケガは治ったものの身体に障害が残った場合
②治療が終わったあとに残った症状
③治療したが完治せず症状改善の見込みのない固定した症状(症状固定)

整骨院で治療して6ヶ月を過ぎても症状の改善が見られない場合に、医師が「症状固定」と判断し「後遺症」とみなされることになります。その際、医師によって後遺障害診断書が発行され、後遺障害と認められれば、残った症状に対して金銭的な補償が行われ、交通事故の加害者側にも損害賠償請求ができるようになります。

そこで今回は、交通事故での後遺障害等級、適切な後遺障害等級を獲得するための手順などを解説していきます。

後遺障害認定手続きの全体的な流れ

①治療を続けていると、それ以上はよくならないという時期がやってきます。それを症状固定といいます。
②症状固定になったら、医師に後遺障害診断書を書いてもらいます。用紙は保険会社に送ってもらいます。
③後遺障害診断書を保険会社に提出します。
⑥保険会社から被害者へ認定結果を通知します。
⑦認定結果に納得がいかない場合は、保険会社に対して異議申し立てをすることができます。

等級認定のしくみと流れ

等級認定までの流れをみると、被害者の視線からは後遺障害診断書のみに見えますが、実際はそうではありません。 後遺障害診断書の記載内容は調査対象の一部分でしかないのです。他にも初診時からの治療経過や画像など、様々なことが認定に関係してきます。
※後遺障害等級の認定は、自賠責保険の支払いのための手続きです。
※後遺障害診断書の提出先は、任意保険会社か自賠責保険会社か選ぶことができます。
※保険会社に書類を提出してから結果が出るまでの時間は、平均すると3カ月程度となります。

認定手続きに必要なもの
①後遺障害診断書
②画像(レントゲン画像、CT、MRI画像など)

後遺障害等級が認定されるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
第一に、後遺症が残っている事が必要です。
第二に、交通事故による怪我の結果として後遺症が残っていること(相当因果関係)が必要です。
第三に、後遺症の存在が医学的に認められることが必要です。

これらの条件が、後遺症申請には準備が必要ですね。
以上が、交通事故による後遺症の手続きです。

また、ご不明な点がありましたら、当院まで気軽にお電話くださいませ。
TEL 0744-35-6121
ひろゴン整骨院かしはら院
奈良県橿原市葛本町708−1
診療時間 9:00~13:00 16:00~20:30
休診日 日曜日・祝日と第4水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です