モートン病

モートン病でお悩みの方へ

  • ヒールを履いて長く歩くと足先が痺れる
  • ランニングをしていると、途中で足が痺れたように痛くなる
  • つま先立ちをすると足が痛む
  • 裸足では何ともないが靴を履くと足が痛む
  • 足の指の付け根が痺れる
  • 歩いていると足先が痺れたように痛くなる

※マッサージが目的(一時的な癒し)の方は、申し訳ありませんがお断りしております。

そもそも、モートン病の原因は?

はっきりと原因がわかっていないと言われていますが…

その理由は、原因として考えられる要素が多くあるからです。
モートン病はただ安静にしているだけでは治りません。
モートン病の原因別の症状と照らし合わせながら、
しっかりと原因にあった治療法を選択することが大切です。
当院ではしっかりと問診・検査を行うことで原因を特定し、
根本より治療いたします。

 

一般的に行われているモートン病の対処や施術は?

痛み止めの注射や薬の内服、足底挿板が中心となります。

まず、足底挿板などを用いた保存療法が多いです。
しばらく様子を見て症状が回復しないものでは手術と言われる場合もあります。

保存療法として他にも、局所の安静(作業肢位、ハイヒールの禁止)、
薬物内服、運動療法、神経ブロック注射などがありますが、
多くは症状に対しての対処療法がおこなわれている事がほとんどです。

では、なぜ当院の施術でモートン病が改善するのか?

足だけでなく全身を見て施術を行うからです

モートン病は足の前部に症状が現れますが、
その原因が必ずしも足にあるとは限りません。
当院ではしっかりと問診・検査を行うことで原因を特定し、
根本より治療いたします。

なかなか改善しないモートン病に悩む方へ

モートン病はまだ名前が広く知られていませんが、
症状が重症化すると、足だけでなく膝・腰・肩・首など全身に影響を与えてしまいます。
足に対して治療を受けているのになかなか症状が改善されない方は、本当の原因が別の所にある
可能性が高いですので、気軽にご相談ください。

 

お気軽にご相談ください!もう悩まなくても大丈夫ですよ。 0744-35-6121 受付時間9:00~13:00 16:00~20:00

メールで相談する

関西有数のスポーツ整形外科医からの推薦文 医療法人友広会 理事長 鞆浩康先生

あなたのその痛み、背骨・骨盤などの骨格のズレによる可能性があります。一度相談してみてください。良い結果が出るはずです。

肩こり・頭痛・腰痛・膝の痛みを抱えている患者さんは勿論、不眠・不安・便秘などの自律神経系の症状を訴える多くの方は、内臓の疲れがたまって、骨格(骨盤~背骨~頭や顔)のゆがみが発生し、筋肉のコリ、リンパ・血液の流れが悪くなっていることがあります。そういう患者様は、局所の施術(肩だけ、腰だけのマッサージなど)をすることにより、症状は一時的に軽くなり、改善したように感じると思います。

しかし、背骨を中心に骨格のバランスが崩れてくると、体液(血液・リンパ・脊ずい液)の流れが悪くなり、またすぐに元の悪い状態に戻ってしまい、痛みが再発します。そのような痛みの再発の繰り返しをストップするには、根本的に背骨を中心とした骨格のゆがみを改善することが痛みの再発や予防に有効となります。

ひろゴン整骨院かしはら院は、早くからその事に注目し、整形外科と連携しながら症状の根本原因改善に努めている数少ない本物の治療院です。あなたのその痛み、骨格のゆがみの可能性があるなら、是非、ひろゴン院かしはら院に相談してみてください! 良い結果が出るはずです。

ひろゴン整骨院・かしはら院の施術料金

初回施術料:7000円をインターネット限定特別割引適用で 初回施術料5000円 2回目以降4500円 ※以降、来院頻度によって割引がございます。