どうして外反母趾になってしまうの?

こんにちは。
ひろ鍼灸整骨院の横田です。

makizume_img05

足のお悩みを抱えている方はたくさんいます。

 

その中で、今回は『外反母趾』についてお伝えします。

 

外反母趾とは何か?

足の親指が変形してしまうことで、場合により強い痛みを伴います。
特徴としては親指の付け根が膨らみ、指先が傾いていきます。
状態がひどくなると、人差し指も同じ様に傾いていく状態もあれば、
親指が人差し指の上に乗っていくケースもあります。

 

さらに、放置をしていても改善することは少なく、傾向がどんどん強まっていきます。
それどころか付け根の骨が膨らんで腫れ、靴が履きにくくなったり、
靴擦れやタコや魚の目などの外傷を生む可能性が高くなってきます。

 

外反母趾の原因とは?

よく知られているのは、先が細い靴や、女性であればハイヒールなどが挙げられます。
確かに、それもあるかもしれませんが、男性や子供でも外反母趾になることがあります。
そのため、必ずしもそれだけが原因とは言い切れません。
他にも、『足の内部の筋肉の衰え』『歩くときにうまく足の指を使えていない
扁平足』『浮き指』『X脚やO脚である』などが挙げられます。

その中でも外反母趾の一番の原因は、歩き方と言われています。

CHIHIROIMGL1274_TP_V

足裏の体重のかけ方や、指の使い方、足首や膝の使い方などが関係してきます。
そうすると、本来歩くときに使う足の筋肉を使わなくなってしまうため、
筋肉が弱り支える力も弱ってしまうため、足が広がってしまいます。
簡単にいうであれば、足のアーチがなくなってしまうのです。

 

足に合わない靴というのも、結果、このような歩き方になってしまうのです。
つまり、外反母趾は足の筋肉の退化やバランスの崩れによって起こります。

 

バランスの崩れや歪みに関しては改善させることができます。
そのためには、正しい歩き方に戻さないといけません。
さらに、ストレッチやトレーニング、正しい靴の選び方を
合わせて行なっていく必要もあります。

【肩こり】肩こりに悩む主婦

そして、この外反母趾は足の症状だけでなく、首こり・肩こりや腰痛などの、
別の部分の身体のあらゆるところに影響を及ぼします。
足という土台がしっかりしていないと、その上にある筋肉や関節が
正しい動きをしてくれなくなるので、正確に機能しなくなってきます。

 

ささいな歪みが、大きな歪みの元となり、強い症状として現れます。

 

・当てはまる部分があるかも…
・今は痛くないから大丈夫!
・日頃から気をつけてるから問題ない!

 

そういう風に思っている方は手遅れや勘違いが
症状の進行を早くしてしまうということを気に留めておいて下さい。

pretty-woman-1509956__340

早めの対策や相談が皆さんの楽しく素晴らしい未来を作って行きます。

 

お身体にお悩みがある方はお早めにご自身の身体に対して関心を持ち行動して頂きたいので
メールやお電話(06-6659-1608)でご相談だけでも構いません。

お電話して頂きますとスタッフが
「お電話ありがとうございます、ひろ鍼灸整骨院OO(スタッフの名前)です。」
と、お電話口で出ますので

スムーズにお取次ぎできるよう
「そちら初めてなのですが、HPでブログを読んで電話しました」
と、スタッフにお伝えして頂きお身体のお悩みをご相談ください。

通院への無理強いは一切致しません。
安心してお問い合わせ下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。
次回の更新をお待ち下さい。

『ひろ鍼灸整骨院』
〒557-0014
大阪府大阪市西成区天下茶屋3-28-5 TMビル2F
TEL/FAX 06-6659-1608
MAIL senbonchan2006@yahoo.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です