腰痛・ぎっくり腰


自己診断は禁物!腰痛の原因は日常生活の癖かも!?

「腰痛」でお困りの方には
こんな方が多くおられます

下向き矢印

・朝起き上がりが痛い・荷物を持つ時が痛い(怖い)・長時間歩けない・立ちっぱなしで痛い

なぜ腰痛になってしまうのか?

ひろ鍼灸整骨院の見解

腰の痛みは筋肉の動きが硬くなるとスムーズに動かなくなるので、そこで無理がかかると筋繊維が痛んでしまうと痛みに繋がります。 硬くなる原因は骨盤の歪みや疲労や普段の癖、例えば椅子に浅く座る姿勢や立っている時に片足にしか重心をかけていなかったり、お腹を突き出して立つような姿勢(反り腰)が多い、など自分で気がついていないことが影響しています。

ひろ鍼灸整骨院で施術する中で
「腰痛」でお困りの方には
こんな共通項があります

下向き矢印

思い当たる節はありませんか?

  • 立ちっぱなしのことが多く疲労がたまっている
  • 入浴せずにシャワーだけで済ますことが多い
  • 足の使い方が悪く偏った足の使い方をしている(前後左右)
  • 長時間座っていて骨盤が歪んでいる

もちろんこれらは一例です。当てはまらない方は、当院で徹底的に原因を追求し、根本改善に導きます!

その症状、足元からの可能性があります

当院の施術に対しての考え方

膝や足首の痛みはもちろん、肩こり・腰痛・頭痛も歩行のバランスを崩すことによって発生することもあります。その場合、局所の施術をすることで一時的に症状は改善しますが、足元からのバランスが崩れていることで、また元の悪い状態に戻ってしまい、痛みが再発します。

当院では早期にその事に注目し、まずは足元から改善し、しっかりとバランスを取ることで、症状の根本改善に努めています。

施術中の写真

ひろゴン鍼灸整骨院・花園南院の腰痛に対する施術について

指圧で腰の筋肉を柔らかくしたうえで、骨盤調整で骨盤の歪みを調整していき、腰まわりの状態を本来の体のあるべき姿に戻します。

指圧については、不快な痛みがあると指圧の効果が出ないため、心地よい圧加減で、揉み返しを防ぐために刺激を入れすぎないように調整します。骨盤調整では足を曲げて曲がりやすくなっているかなど、一つ一つの動作を確認しながら行い、患者様に合わせて調整していきます。

施術後の注意点とセルフケアについて

腰に負担のかからない腹筋とストレッチの指導を行います。

上半身を支えている腹筋が弱っていると腰だけで支えてしまうようになりますので、腹筋を鍛えることで腰にかかるストレスを取り除く必要があります。

また、下肢の筋肉の柔軟性を高めると腰にかかるストレスが軽減できるので、ストレッチも重要です。これらをどうやってやればいいのか、患者さんひとりひとりに合わせたやり方を丁寧にお伝えします。