内反小趾


指を矯正してもよくならないのはなぜ?指だけではなく足の問題を根本改善し、好きな靴を履いてみませんか?

あなたを悩ませている内反小趾 例えばこんなことでお困りではないですか?

  • 歩くと小指の付け根が痛いので、歩きたいのに少ししか歩けない
  • 最近小指の付け根が出っ張ってきて不安…
  • 今まで履けていた靴が痛くて履けなくなってきて困っている
  • 足の小指が親指側に向き薬指に乗っかり歩くのが不安定になってきた
  • 内反小趾があり、スポーツのパフォーマンスが落ちてきた

一つでも当てはまる方は、ぜひこのまま読み進めて下さい!

内反小趾?外反母趾?あなたはどっちですか?

「この出っ張りさえ何とかなれば…」と思われるかもしれませんが、根本的に改善するには指の矯正だけでは不十分なのです。

靴が悪い?内反小趾の原因は
「バランスが崩れているから」

内反小趾になる可能性の高い原因としては靴選びにあります。

靴の中でもヒールの高い靴で指の付け根に負担がかかっていることや先が尖っていて指先の締めつけがきつい靴、逆に指先がブカブカで安定感がない靴などがありますが、

「原因=靴」ではなく

「原因=靴により足の骨のバランスが崩れること」です!

具体的に足の骨のバランスといいますと、開張足といって足の指の付け根が内外に開いてしまうこと(俗に言うベタ足)や、土踏まずがなくなっている状態や、足首が硬い状態などが足の骨のバランスの崩れにつながります。

正常な足(横アーチ)の状態と開張足

正常な足(縦アーチ)の状態と土踏まずがなくなっている状態

このバランスが崩れることで足の裏や足の甲にある筋肉が弱ってしまい、小趾をまっすぐ保てなくなり、結果小趾が親指側に向いていってしまうことで、変形が起こり出っ張った箇所が靴に当たって痛い、歩いていて痛いなどの症状が起こってしまいます。

内反小趾を根本的に改善するために行うこと

1.ヒールの高い靴・先が尖った靴は避けて

靴選びに関してはヒールの高い靴や先が尖った靴だと更に変形が進行してしまいますので可能な限り避けましょう。運動靴が理想なのですが、靴の中で足が動かないように踵と足首が固定でき、指先は余裕のある靴がいいでしょう。

これにクッション性もあるとなおいいでしょう。「足の骨のバランス」については骨の矯正と弱った筋肉を刺激して鍛え直すことが必要です。

2.青竹踏み・足の指のグーパーで刺激とトレーニングを

セルフケアでできることは踵の前の部分を青竹踏みで刺激することと、足の指でグーとパーを繰り返すことで、筋肉を鍛えることが可能です。(しかし変形が進んでいる場合は逆効果のこともあるので、専門医や我々にご相談ください)

内反小趾を根本改善する当院の施術について

当院では小趾の矯正を行う前に必ず開張足や土踏まずに対して調整を行います。それによって小趾がまっすぐ戻りやすい状態にした上で矯正を加えていきます。

筋力に対しては重心の位置も深く関与するため、股関節や膝関節に対しても矯正を行ないます。そうすることで足裏や足の甲以外の足全体の筋力も診てトレーニングを個人に合わせて行うことが可能です。

股関節の調整
膝関節の調整

骨のバランスと筋力を両方整えていき、小趾にかかる負担を取り除きながら矯正することで内反小趾が改善し小趾に負担をかけなくて済むようになっていきます。

スポーツをされている方は内反小趾以外にそのスポーツの動作などを改善し、パフォーマンスアップまで行うことが可能です。

専門施術を受けて改善されたお客様から喜びの声を頂いております!

足裏の痛みがありましたがほとんど痛みを感じなくなりました!

T様 26歳女性 飲食業私は内反小趾の症状で診て頂いております。
先生から体の重心を元に戻すなどの色々と施術をしていただきました。
今では足の痛みはほぼなく、前は仕事中すごく痛く右足をかばっていたのですが、今では仕事中も普段も痛みを感じないですし、楽に歩けます!
こちらに来てよかったと思います。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

提携先ひろクリニック理事長・鞆よりご検討中の皆さまへ

「あなたのその痛み、足元からの可能性があります。
 一度ご相談ください。きっといい結果が出るはず。」

院長の写真

膝や足首の痛みを抱えている患者さんは勿論、肩こりや腰痛、頭痛も歩行のバランスを崩すことにより発生することがあります。そういう患者様は、局所の施術をすることにより、症状は一時的に改善します。

しかしながら、足元からのバランスが崩れている事により、また元の悪い状態に戻ってしまい、痛みが再発します。そのような痛みの再発の繰り返しをストップするには根本的に足元から改善することが必要になります。

ひろ鍼灸整骨院では早くからその事に注目し、整形外科と連携しながら足元からの原因改善に努めています。あなたのその痛み、足元からの可能性があります。
是非一度、ひろ鍼灸整骨院に相談してみてください!!
きっと良い結果が出るはずです。

追伸

内反小趾は靴を見直す以外に、開張足や土踏まずの問題から崩れる足の骨のバランスと弱ってしまっている筋力を整えていかないと根本的な改善にはなりません。

内反小趾が進行し重度の変形になってしまうと何をしても改善が見られず、手術しか治す方法がなくなってしまいます。

小趾の問題以外に変形が進むに連れて重心が崩れてしまうことで体重のかけ方が真っ直ぐでなくなり、体重を支える膝や股関節、骨盤に歪みが生じてしまいます。歪みにより痛みや動かしにくさなどにつながることが多くみられます。特に子供の変形は成長に影響が出てしまいますので、早めの対処が必要です。

小趾や足の問題を整えるだけでなく、膝関節や股関節といった足全体を整えることで、重心をまっすぐ戻します。そうすることで、普段から小趾にかかるストレスを減らしていき、矯正した小趾をいい状態でキープすることを目的に施術しています。

内反小趾でお困りの方は、是非当院までご相談下さい!