オスグッド病


「成長痛ですよね?」「湿布でなんとかなります?」オスグッド病=成長痛ではありません!体の歪みも大きく関係しているものなんです

あなたを悩ませている「オスグッド病」例えばこんな事でお困りではありませんか?

  • 膝のお皿の下の骨が出っ張っているようで気になる…
  • お皿の下の出っ張りを触ると痛い
  • お皿の下の骨が痛くて運動できない
  • 痛くて膝が曲げられない
  • 何をしてもよくならず、整形外科に行っても改善しなかった

一つでも当てはまる方は、ぜひこのまま読み進めて下さい!

オスグッド病は成長痛なの?痛みの根本的な原因とは?

図

オスグッド病は、脛骨粗面(膝蓋骨と脛骨とをつなぐ骨の隆起する所)が突出して痛みと腫脹が起こり、成長期のスポーツしている(10〜15歳)に多く発症します。

足を動かすと大腿四頭筋(太ももの前)の引っ張る力が加わり、成長期に骨の形成と筋肉・腱の発達が追いつかないため、脛骨粗面にかかる力が大きくなり痛みが発生します。

図

走る・飛ぶ・蹴る・しゃがんでから立つなどができなくなりますし、動作中や動作後に脛骨粗面の痛みがあり、片側の発症が多いというのが特徴です。また、脛骨粗面の「出っ張り」を押さえると激痛が走りますので、押さえたりするのは絶対NGです。

痛みが発生するのも膝だけではなく骨盤の歪みや足首の不安定性、足元のバランスが悪いこともありますので、改善に向かわせるには、体全体を見る必要があります。

このように、成長期によくオスグッド病が見られるので、「オスグッド病=成長痛」と解釈されることが多いですが、「成長期の骨と筋肉・腱の発達と体の歪みが重なり、このような痛みを引き起こしているもの」というのが正しい解釈になります。

オスグッド病をチェックしケアするためのポイント

1.立っている状態からしゃがみ込みます。この時に足首が硬いと床から踵が離れてしまいます。

2.足首の歪みの確認方法は立っている時の踵(かかと)の傾きをチェックしてみてください。アキレス腱と踵との角度が10度を超えている場合は足首が歪んでいます。

3.次に骨盤の歪みの確認方法です。上向きで寝た状態で骨盤の前の出っ張りの部分を押さえてみてください。左右交互に押さえてみると右と左とで出っ張りの感じが違えば骨盤が歪んでいます。感覚がツカミにくければ、鏡の前で同じ部分を押さえてみて高さが違うか確認してみてください。

これらの歪みを改善するにはまず柔軟性が必要なので、足首周囲・足底・ふくらはぎ・太腿・お尻のストレッチで筋肉を柔らかくしましょう。

ストレッチ

その次に弱っている筋肉をトレーニングで鍛えて歪んでいかないように整えていくことで改善できます。

トレーニング

オスグッド病を根本改善する当院の施術について

私たちは足首や骨盤の歪みを取るために、足裏のバランス調整と骨盤矯正でまず歪みを戻していきます。

1.足裏のバランス調整で土踏まず(縦アーチ)、ゆびの横アーチを整え下から膝にかかる負担を減らします。

これらのアーチが整うことで筋肉にかかる負担も軽減できますし、足が持つ機能も最大限発揮できるためパフォーマンスも向上します。

2.骨盤矯正ではSOTブロックという特殊な道具を使用しソフトに骨盤を矯正していきます。それと合わせて普段ストレッチしても伸びにくい股関節周りや体幹の部分ストレッチすることで姿勢改善を行い歪みを整え膝への負担を減らしていきます。

3.同じオスグッドでも足首や骨盤の状態はみなさん違いますので、患者さんの状態に合わせたストレッチやケアの方法をお教えいたします。

提携先ひろクリニック理事長・鞆よりご検討中の皆さまへ

「あなたのその痛み、足元からの可能性があります。
 一度ご相談ください。きっといい結果が出るはず。」

院長の写真

膝や足首の痛みを抱えている患者さんは勿論、肩こりや腰痛、頭痛も歩行のバランスを崩すことにより発生することがあります。そういう患者様は、局所の施術をすることにより、症状は一時的に改善します。

しかしながら、足元からのバランスが崩れている事により、また元の悪い状態に戻ってしまい、痛みが再発します。そのような痛みの再発の繰り返しをストップするには根本的に足元から改善することが必要になります。

ひろ鍼灸整骨院では早くからその事に注目し、整形外科と連携しながら足元からの原因改善に努めています。あなたのその痛み、足元からの可能性があります。
是非一度、ひろ鍼灸整骨院に相談してみてください!!
きっと良い結果が出るはずです。

追伸

オスグットは、お皿の下の骨の隆起が起こり、成長期に膝の痛みが発生します。足首や骨盤の歪みからこういった問題になりやすく、ストレッチやケアだけではなく治すためには痛い箇所だけでなく歪みを整える必要があります。

オスグットは走っている時やジャンプした際に痛みが出やすいのですが、運動がしにくい状態になります。しかし、ひどくなると筋肉の付着部が剥がれ、手術が必要になる場合があります。

当院は余計な膝へのストレスをなくすために足元からアーチ(土踏まず)を整え、骨盤とその周りの筋肉を整えることができます。その結果痛みが治り、パフォーマンスの向上まで行うことができます。

「成長痛だしほっておこう」と考えるのはキケンです。
どうしようも無くなってしまう前に、一度当院の施術を受けに来てみませんか?「もっと早く来たらよかった」と言っていただけるために、私たちが全力を尽くします!ご来院お待ちしています!

「シンスプリント」に関するコラム