福田 信秀 Nobuhide Fukuda

  • 京都市山科区出身
  • 躰(からだ)整復院りほいみ
  • 趣味・今ハマっていること:バイク・映画鑑賞

講師インタビュー

夢やこれがやりたい!ということがあれば教えてください。
言(ことば)と手によって、様々な人の心身復調がガイドできる治療家であり、昇華し続ける。

治療家を志したきっかけは何だったのですか?

母親の闘病生活において、いかなる外科的治療や薬物治療も効果を得ず、卓越した技術がある名医であっても、心無い言葉は、患者の内なる力の発現を妨げるのを目の当たりに見ました。
治療する側は、人の体と心にダイレクトに触れるので、良きガイド役でなければならないと思います。 自分や身の周りの人が経験した傷病やケガや病気の回復やケアのお手伝い。それが、私の天命だと思い、治療家を志しました。

治療家になる前となった後、心境の変化やギャップなど、何か感じられることはありましたか?

正直、もう少し簡単な行為ではないかな?と思っていました。しかし、実際は人の想いは複雑であり、人体の仕組みも精巧かつ神秘的であり、「ここまでの勉強や研究でよい!」と見切れるものではないことを痛感させられているのと同時に、「癒し」は生涯のテーマであると思っています。

実務を行う上で勉強しといて役だったこと、逆に勉強したけど役に立たなかったことがあれば教えてください。

解剖、生理の知識は、大変有益です。 内科学とメンタリズムは、臨床ではとても大事になってきますので、基礎医学はもちろん、人間 学として、人の言葉や行動を観察し、思考する習慣を身につけることは、治療家に必要なことです。役に立たない経験や知識はありませんが、その知識や経験偏重になってもいけません。バランスよく物事を見ることが大事です。

治療に対しての想いを教えてください

人生は「成る」と「在る」という両輪なる目的なくして、平安や満足は得られない。 何のために治療をさせて頂くかは、その方がどのようになりたいのか?!の希望と目標を共感し、治療者側のエゴにならないよう、治療者自身が謙虚になり、患者さんを健康な心身へと誘導するよう心掛ける。

受講生の皆様へのメッセージ

目に見えるものは、繰り返しの訓練で必ず習得することが出来ます。 しかし、イメージなどの目に見えない部分は、積み重ねて熟成させていかなければなりません。 人によって、時間差はありますが、人への想い=初心を忘れず、何の為に学ぶのか? 自己満足だけになることなく、技術や妙理を勉強するようにして下さい。
〒557-0014
大阪市西成区天下茶屋3丁目28-5
各線 天下茶屋駅から徒歩2分

セミナー会場までの詳しい道順を見る